で、その問題は数学的に証明できるんですか?



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



プロフィール

実際問題ver.3

Author:実際問題ver.3
彼女いない歴=破滅の次元軸ドライバー
都内にて細々とアルバイトしている2Ⅳ才
クイズマジックアカデミーが大好き。
現在魔導士
ダーツ修行中
カードネーム『沢尻エリカ』
現在Cフライト
皆藤愛子さんが死んだら
自動的に僕も死ぬ
リンクしてくれる人募集中
議題、テーマも超募集中



チャット殺シアム



飼育場



宙は血に染まっているか


-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



星の鼓動数



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


実際問題vs僕
ご無沙汰しておりますご主人様方
ブログを長きに渡りやっておりますと
ブログの中の人と自分の垣根があやふやになり
普段日記に書いてあるようなことを口走ったり
普段口走っている事を日記に書く、、、
そういった症例が出るようになります。

お互いがお互いに言い難い部分をお互いのフィールドで吐く。
では、そのどちらにおいても言い難い問題が発生した時
どうすればよいのか?
この1点を悩み悩み、悩みあぐねて2週間
そんなこんなで記事作成が困難になっておりました。
皆様には大変なご迷惑をおかけし大変申し訳ありません。

そこで、もうこれは僕の中に2人いると仮定し
映画雑誌や音楽雑誌にあるようなインタヴュー形式で
自分の中で対談を行ってみたいと思います。
つまり『マサルさん』におけるマサル会議みたいなものですね。

●僕―今回は久しぶりの来日、新しいアルバムについてのお話
   を伺いたいと思いますのでよろしくお願いします。

○実際問題(以下ZM)―よろしく・・・

●僕―まずは休止期間、何をなさっていたのか聞いていいですか?

○ZM―しょっぱなからクールな質問だ。
   どうしても許せない奴が現れてな・・・
   そいつの臭い口にどうしてもマイナスドライバーを
   ぶち込みたくてウズウズしていたんだ。
   あの野朗は自分がどういう人間か忘れちまった
   類人猿以下のツルツル脳みそだぜ

●僕―怒り心頭のご様子ですが、話題を変えましょう。
   宮崎あおいさんのご結婚について一言

○ZM―すまないがカメラをとめてくれ
   俺はその件については居酒屋を5軒ほど壊したい
   そう思っていたところなんだがな、
   俺が涎をたらして宮崎あおいをみてたその時も
   あの馬の骨はあおいの恥骨にガツガツしてたって、
   そういうことなのか?
   だとしたらとんでもない話だ。
   しかも14歳の頃からの交際だと?  
   冗談じゃあない、そんなプレイのビデオを出してみろ
   俺が40秒以内に買い占めてやる。
   FUCK!以外の言葉が見つからねぇぜFUCK!

●僕―なるほど、お怒りのご様子お察しします。
   では今後あおいさんが出演しているから買った洗顔料
   パーフェクトホイップについてはどうしますか?

○ZM―ペッ(唾)、イッツトラッシュ!!

●僕―では最近の音楽シーンについて伺います
   最近買ったCDはどうですか

○ZM―コメントをしてくれたイケメンから聞いたバンド
   TRIVIUMを聴いたんだが、実にクールだ。
   二代目メタリカを目指す勢いが感じられる。
   ファーストアルバムにしか出せない音、
   デス声と唄い声が実にマッチしているし
   メタルの重要なファクターである怒りと哀しみも充分だ。
   ちょっとアルバムを集めてみようと思う。
   本当にありがとう、って感じだ。

●僕―他に何かあれば

○ZM―最近、ギターばかり弾いている
   個人的に悩み事があって、ギターに逃げている
   と言っては語弊があるが、マジでギターばかりだ。
   後はAKB48ってのは48なのに46人しかいないんだな。
   それってトロを頼んだらサーモンが出てくるぐらいおかしい。
   別に2人減ったからって、気になるのはスカートの中身
   その1点だろうが、俺としては真剣に抗議したい気持ちだ。

●僕―では、2人減ったのではなく2パンツ減ったと?

○ZM―ペッ(唾)ザッツトラッシュ
   あんな小娘のパンツには興味はねぇな。
   俺は更にその上、パンツの中身に興味がある。
   あと谷間とか・・・、そうだな後は谷間か?

●僕―年金については?

○ZM―これまでの質問で一番FUCKだな!!
   あのクソッタレ野朗どもは俺の年金でキャバクラか
   冗談じゃあない、こちとらそんな金はねぇんだよボケカス   
   しかも保険住民税とのコンビネーションかい
   舐めるんじゃあない餓鬼ども
   親の車乗り回してるボンクラから搾り取って
   俺を優遇しろ、いいかもう一度だけ言う
   俺だけを優遇しろ。
   そうしないと帰りのコンビニでアイスが買えない。
   アイスが買えないんだよバッキャロー

●僕―では、最後に『どうしても許せない奴』について・・・

○ZM―・・・わかっているだろ。お前だ、お前が許せない。
   俺は今まであいつ等を憎悪して嫉妬して生きてきた。
   お前までそんな野朗になっちまうとは残念だ。
   俺はもう振り上げた拳を撃ち下ろせない。
   もう自分の脳天に風穴あけて、そこにオルゴールを入れて
   哀しげで寂しげな月の砂漠を鳴らすしかないんだ・・・

●僕―大変申し訳ありません。

○ZM―お前さ、これからどうするんだよ・・・
   俺にはもうわからねぇぞ
   ガラにも無いコト続けるとどうなるか知ってるか?
   バーストだバースト。
   冷たい器に熱湯を注げば割れるだろ?
   アレと一緒だ、お前はバラバラになるぞ
   のりたまみてぇにふりかけられてエンドだぞ・・・

●僕―・・・

○ZM―そんなワケで、こいつは死んだ。
   日々笑っちまうようなクソみたいなセリフを並べ立て
   俺が見れば確実に殺すような甘ったるい日常に
   今日も今日とてヘラヘラと回遊するに決まっている。
   つまりこいつはもうクールじゃないんだ。
   そしていずれ俺のバンドもお払い箱さ、
   お払いボックスさ

●僕―今後の活動は?

○ZM―嘘を書くことは出来ない、がもう少し続けたい気もする
   こればっかりは俺の一存では決められない
   ご主人様方の意見を伺うしかないんじゃないのか?
   質問を質問で返すようだが、それ以外はわからん

●僕―最後になにか一言

○ZM―カクテルってあるだろ、
   色んな種類の酒のコンビネーションで造ってくアレだ。
   ヤバい酒でも混ぜれば綺麗な色、優しい味になる。
   でも急激に混ぜちゃダメだって知ってるか
   浮き上がるな。
   少しでも惚気話をニヤケ面でしてみろ
   その時は俺が完全に死ぬ。
   
●僕―今日はお忙しい中ありがとうございました。

○ZM―ペッ(唾)ユートラッシュ
   俺はこれから世界の国旗を暗記するから邪魔するな。
   あばよ


2007年6月19日
都内某所のしみったれた部屋にて
スポンサーサイト

実際問題vs水族館
おはようございますご主人様方
突然ですが昨日、水族館へ行ってきました。
かねてから行きたい、と思っていたのが半分
そしてもう半分はいつも通りの、イキアタリバッタリです。
今日はちょいとそのお話をさせて頂きますので
おつきあいいただければ幸いでございます

昨日行ったのは品川マリンスタジアムとかいう
比較的新しい水族館。
場所は、まぁネットで調べりゃ一発なんですが
品川プリンスホテルのそばにありまして
駅からは近くも無く遠くも無く
昨日の雨を考慮すればやや遠い、といったところでしょうか

中に入ると視界に入るのは完全に停止したメリーゴーランド
イルカやラッコを模した乗り物が
誰にも乗られることも無く、無機質に止まっているその様に
一抹の不安を覚えました。
そんなものに乗るつもりは毛頭無い僕は
落ち着いてチケットを購入。
ニコニコしてる姉ちゃんからパンフレットを貰い
館内に突入。

最初に目に入ったのはサメとエイのゾーン


20070525145450.jpg


画像は高速で移動するエイをとらえたものですが
いかんせん僕のカメラケータイカメラ
奴等のスピードには追いつけず、お話にならない画像です。
他にも超巨大なソードフィッシュやサメがうようよ・・・
この水槽はトンネル状になっていて
魚の腹部分などのグロ画像がいろんな角度から楽しめます。

次の水槽へ移動しようとしていると
『今からイルカショーあるから来いよバカども』
というアナウンスがあったのでイルカプールへ急行
大きなプールはちょうど野球場のような形になっており
全部で10頭前後のイルカどもが
ハイジャンプやスピンジャンプ、ユニゾン泳ぎなど
難度の高い技を披露してました。

ありきたりな感想ですが
トレーナーの手の動きにあわせて技に入る奴等の
頭脳レベルの高さには本当に驚かされました。
噂によると、イルカはメスを囲んで輪姦したり
するファンキーな奴等らしいですが
やっぱり水族館のイルカは愛らしくて賢い
アイドルなんだな、ってそう思いました。

イルカショーの後は、ペンギンの餌付け
それからアシカショーなどの見世物を水族館の指示通り鑑賞
ペンギンは・・・なんかカッコよかったですよ
泳ぐ姿とか弾丸みたいで。
あのエヴァンゲリオンのペンペンみたいのもいたし
飼育係のお姉さんに腹をギュッ!ってされて
ジタバタしてたのがとても好印象。
ちなみにペットとしても人気があるらしく
お値段は130万円ぐらいだとか・・・

後はアシカね
あいつらはデカイね。
これはあくまで僕の推測だけれども
あの手っていうかヒレのフルスイングを喰らったら死ぬ。
僕が見たアシカはあのヒレで片手倒立をしていた。
そしてあの泳ぐスピード・・・
人間なんて一撃で死ぬね。

見世物系をコンプリートし、再び水槽系へ
こんなキモイイソギンチャクとか

20070525155604.jpg


ウミキノコみたいなの


20070525145005.jpg


がいっぱいいた。
以前、『ディープブルー』っていう深海魚の映画を観まして
その時も軽くお話したかとも思うんですけど
誰も見てないのになんであんなにカラフルなんですかね
なんともいえない青い魚とか、真っ赤な魚もいるし・・・
これはやっぱり神がいるとしか思えないね。

まぁこの辺は目の保養といいますか
ご家庭でも頑張れば飼える範囲なので
興味のある方は飼育してみては如何でしょうか・・・
僕は小学校の時に金魚を水道に流してしまう失態を犯し
飼育係から懲戒免職をされ、掲示係になったので
もう生き物を飼う事はできませんが
ああいう魚、家にあったらいいなってちょっと思うね。

さて、そろそろ本題に入りましょうか
まずはこの画像を見ていただきたいんですが

20070525151945.jpg


まぁカニですよね。
僕はね、このカニですとかエビがね怖くて仕方がないんですよ。
クモとかサソリは大丈夫なんですが
この水辺にいる甲虫みたいなこいつらが
もう本当に怖くて怖くて・・・
このカニの裏側っていうんですかね
足が生えてる様子から動き、もう全部嫌い。

幼い時・・・そうねもう20年近く前に
サンシャイン水族館に行った時
当時の僕と同じぐらいのタカアシガニをみましてね
それ以来、酷いトラウマを抱えてるんです。
だから『カニ道楽』の看板も怖いし
厳密に言えばエビフライの尻尾部分も恐ろしいのです。

まぁ、デザイン的にはスゴいと思いますよ
もうね往年のゲームファンならわかっていただけると思うんですが
完全にダライアスの世界ですよ
コナミのエイリアン系の敵も充分怖いんですが
生理的に恐ろしいのはタイトー、ダライアス。
これが僕の持論です。

そんなこんなで水族館は終了。
入るときは止まっていたメリーゴーランドには
餓鬼どもが乗っていて少し賑やかになってましたとさ

全体的な感想としては
また、いつもの好奇心の重要性ってところですかね
実際見てみないとわかんないことを
見た気になってわかったつもりでいるのはヤバいんですよ。

あの岸部露伴だってクモを舐めてたし
・・・もう何が言いたいのかわかんなくなってきましたけど
なんとなく楽しかったです。
次は動物園に行って、キリンの生態を調査してきますので
皆様もゾッとするような体験を積み重ね
日々の生活に生かしてみて下さい。

それでは今日はこの辺りで失礼いたします。
画像を多用した長文
最後まで読んで下さった方に
丁重にお礼申し上げます。アリガトウゴザイマシタ

実際問題vsレオナルド・ダ・ヴィンチ
おはようございます御主人さま方
最近、どうも体調が思わしくなく
無論精神もグズグズでありまして、外に出るのも中にいるのも鬱
とかく全てが嫌であり、全く面白みのない毎日であります。

福島かどっかでは己のマザーをぶっ殺すキッズが発生し
その生首を警察に持参して、『殺しました。』と言ったそうな。
世間が母の日とあれだけ持ち上げているのに
この少年は母親を殺害・・・
なにも殺すことはないんじゃないの、ってそう思います。

ものの本によれば、首を切断する行為というのは
最も原始的な殺害方法であり
洋の東西を問わず刑罰、犯罪のなかでも
最も歴史が古いらしいですよ。
かのレオナルド・ダ・ヴィンチも
頭蓋骨を解剖した際に、その中心点に『魂』が在る
と言ったとか言わないとか

そうそう、先日僕は上野で開催されている
レオナルド・ダ・ヴィンチ展へ行ってきましてね
目玉は『受胎告知』っていうメジャーデビュー作品なんですが
それに付帯して、回顧展とでも言うんでしょうか
レオナルドさんの考え方とか技法を
もう一遍、洗ってみようぜっていう展示物がありまして
そっちがメチャメチャ面白かったので
ご報告させて頂きます。

皆様もご存知の通り、レオナルド・ダ・ヴィンチってのは
超多才な人物で絵画は勿論、建築、物理学、数学、はては医学
とジャンルを問わずすべての分野において
先見性と独創性があったんですよね。

例えばウィトルウィウス的人体図っていうのがあるんですけど
(円と四角のなかに、まっぱのおっさんがいるアレ)
アレは後に黄金比と呼ばれる比率が人体には内在しており
またそれ以外にも既に決定された比率のかで
人間の体というのは構成されている、、、
表現が難しいんですが、奴はなにかを見つけてるんですよ。

最近、数学的思考という名の現実逃避に目覚めた僕としては
これほど面白いテーマは無いと思いましたね。
この展示会のメインテーマっていうか
僕なりにテーマだと思ったのは
「規則性の不規則、不規則性の規則」
「すべての事象現象は法則の中で収束している」
みたいなことなんじゃないかと

この世の事象を切り取る際に一番使えるものって
やっぱり数字だと思うんですよ
事象っていっても、水が流れるとか花が咲くとか
そういう小さいものから、宇宙の星の瞬きとか
そういうデッカイものまで
この世は数字なんですよ
ていうかね人間なんて所詮数字という物差しでしか
物事を切り取れない、という自嘲的な部分もあると思います。

ちょっと収集が付かなくなってきたので
メインアクトの『受胎告知』についても触れましょうか
ネタバレになりますが、この絵にを正面から見ると
違和感を覚える人がいると思います。
それはこの絵を見る為に最適なポイントが正面ではない、
ことに起因してましてね
実際はある角度からみることによって
絵の全てが最適になるんですよ。

ここも意識して見ていただきたいポイントなんですが
他にも背景の種目が妙にSFチックだし
天使の羽も従来の天使が持っていたような純白ではなく
その辺の雀の羽みたいな羽だし
なんかトンチンカンだけど迫力があります。

前述の展示物の中に、東芝か日立だかが
最新技術を駆使して光学コピーした『受胎告知』があるんですけど
コレが笑っちゃうぐらい迫力がないように思えます。
ココも是非確認していただきたいんですけど
本物だけが持つパワーみたいのがあるんですよきっと

まぁ、実はコピーのところにあるのが本物で
お前等雑魚がありがたがって見てたほうがパチモンなんだぜッ!!
って言われたらキャッツアイもお手上げですが
そこまで面白いレベルには日本は達してないので大丈夫でしょう。

本当は見てすぐこの文章を書くべきだったんですが
ちょっと時間が空いてしまったため、
鮮度が落ちてしまったような気がします。

しょっちゅう海外へ行って、ジャパンは醤油臭くてFUCK!
という方は別として
もし見れる機会がある方は、是非その目で確かめていただきたい
おそらく二度と日本にはくることの無い名画
決して時間の無駄にはならないので
騙されたと思って見て頂きたい
これが僕の意見の全てですね

ちなみに、美術館に至るまでは上野公園を歩くんですけど
ここにはトンチンカンなダンスを練習するポンチどもがいます
ですがコレは上野動物園の展示動物である
<人間>ですので特に気にする必要もありません
この<人間>は群れをなすのを好み
しかもその群れの中でも群れをつくり
その中に入れないものを疎外する生態を持っています。

最近では<人間>社会において
金と呼ばれるものを持たないものと持つものの
格差が広がり社会問題になっていますが
いずれ滅びる地球のカスどもが
どんなに喚いたところで宇宙の塵
心配する必要はありません、
どうせみんな死ぬのです。

そうこうしている間に仕事の時間が近づいてきましたが
僕はこれからマフィア主催の賭けボクシングに出場するので
今日の仕事はキャンセルし、ゲーセンでQMAをしたいと思います。

それでは皆様、この辺でしつれいさせていただきます

ばっちり、にっこり、スッキリ

実際問題vs『The QUEEN』
ごきげんようご主人さま方
今日はお休みでしたので髪の毛を切断しに行きました。
大規模な切断はしてないので、あまり新鮮味などはございません。
おそらく誰も、『髪、切った?』とは聞いてこないでしょうし
僕もそれを望みません。

僕の様なナマクラ野朗は、上司の方の

『今日はもう帰っていいよ』

ただ、その一声だけを待っているのです。

さて、またくどくどと愚痴を垂れるのもアレですので
久しぶりに映画の話などは如何でしょうか
先日のお休みの際に、かねてから気にはなっていた
『The QUEEN』を見てまいりました。
あらすじ等は公式サイトで洗っていただければわかりますが
要するに、エリザベス女王のダイアナ死後の苦悩
について描いている映画です。

主だった登場人物としては
エリザベス女王と就任したばかりのブレア首相
それとロイヤルファミリーの面々といったところで
アカデミー賞をとったのはエリザベス役の人ですが
僕はブレア役の人もなかなか似ているなと思います。

ストーリーは前述の通り、
見所は・・・そうだな、あまりリアルを期待しない方がいい
ってところですかね。
よく見なくてもアラはいっぱいあるとおもうんです。
車とかバイクとか当時(97年)の物じゃないですしね。
ダイアナさんが事故ったベンツとか
比較的新しい年式な気がしますし
携帯電話とかも、当時はそこまで小さくない気がします。

しかし、これをフィクションとして
例えるならば『渡る世間は鬼ばかり』のようなもの、と
解釈してみればなかなか面白いと思います。
いい意味で王室を庶民的にうつしてますし
時折、皇太后が自虐的な発言をするんですよ。
『あたしの葬式はリハーサル済みだからよw』みたいな
これもあの幸楽のババァが言ってると思えば
まぁ、それはそれとして楽しめるんじゃないですかね。

後はイギリス王室がどのようなものなのか
ある程度の知識が無いとわかんない部分はあるかもしれませんね。
その絶対的な身分の差とか、歴史、特権・・・
そういうのを包括してエリザベス女王という1人の中年女性が
国民全体を揺るがす大事件に直面した時
どのような心境になり、どのような行動に出るのか
その辺りを注視してみるのも面白いんじゃないでしょうか

まぁ、日本にも天皇家というロイヤルファミリーがいて
相似点がいろいろあるとは思うんですけど
イギリスとはちょっと違うなぁ、とは思いますね。
なんていうかキャラ立ちとでも言いましょうか
ダイアナさん1人とったって普通に魅力的な人だし
その元ダンナのチャールズさんも、なんかマヌケな皇太子って感じで
ゴシップもぶっ叩きやすそうです。
後はそのどら息子どもも、面白い事をやらかしますしね

その点、日本は・・・
これ以上言うと右だ左だの面倒なことになりますが
正直あんまり面白みのある人はいないですよね。
それもマスコミが脚色をせずに、提灯記事報道をやらかすから
そうなったんでしょうが・・・

もう何が言いたいのかわからなくなってきましたが

○フィクションとして観る。(細かい事はキニシナイ)
○同じロイヤルファミリーのある日本人として
 ロイヤルとは、ということをちょっと考えてみる

この2点をなんとなく気にして鑑賞すれば
そこそこの作品なんじゃあないでしょうか。

あと、鑑賞してる人の年齢層がやっぱり高いよね。
僕とかは無論1人で行ったわけですが
場所柄(銀座だった)、金持ちミセスが多くてさ
良いもの食ってるからか知らねぇんだけど
始まる前と終ったあとがウルセーのなんのって

下手な若い奴よりタチが悪い
しかもミセスはグルーピーだからさ
かさばるんだわ
通路とか封鎖して与太話をかましてるからね
まぁクソカップルのクソつまんねぇ感想を聞かされるよりはマシだし
我慢の範囲内ってところですかね

また滅裂とした話になりましたが
この辺りで失礼します
心の安定剤として、日常に無い物を映画に求める
そういうのも悪くないと思ったので
また次の休みあたり、何か観ようとおもいます。

それでは皆様
ばっちり にっこり スッキリ♪



実際問題vsスターバックスコーヒー
おはようございますご主人様方
昨日、仕事のお昼休みにふとしたキッカケでスタバに行きました。
スタバってのはスターバックスコーヒーのことで
オシャレディーとイケメンの巣窟であり
ちょっとでもイケてない人が入ろうものなら
あのマークの女の人の顔が魔獣に変わるという
恐ろしい場所です。

なんでそんなところに行こうと思ったかは忘れましたが
とりあえず僕が入った瞬間にマークは全て魔獣になってました。
で、入ってウロウロしていると店員の蔑みの視線が激しく注ぎ
耐え切れなくなり店員の前に仁王立ち

「あ、あの・・・タゾ・・チャイ・・・ティー!ラテェェェ!」
と注文すると

『ホットですか?アイスですか?』
ときたもんだ
昨日のような気温でアイスを飲む様なクレイジーな奴がいるなら
それこそその面を拝みたいものなんだぜFUCK!
と思いながらも
「ホットでお願いします(クソッタレがそれぐらいわかれ)」
と丁寧に答える

『サイズは?』
と不意に聞かれメニュー表を見ると
英語でショットとかトールとか書いてある
ショットってお前アレか、サガットのタイガーショットのショットか?
コーヒーのサイズでショットって随分強そうだなオイ
と思っていたら、ショットではなくそれは<ショート>
はいはい、俺様そんなの知ってたし
ゴルフでも4番はショートホールだし、バッカじゃねーのと
万感の思いを込めて
「ショ・・・ショット!」と伝える。

『それではお飲み物、奥のコーナーからお出ししまーす☆』
と言われ、いそいそと奥のコーナーとやらで棒立ち
手際のいいイケメンの動きを呆然と眺めていると
タゾチャイティーラテでお待ちのお客様ー!
と威勢のいい掛け声

おうおう、なかなか手際よく出してくれるじゃねぇか
さすが外資系だな
やっぱりそういうところからお客様を満足させなきゃダメだぜ
その点、オタクは気が効いていて俺様なかなか好感触だぞ。
と思い華麗な動きで差し出されたカップをつかもうとすると

「いや、先でお待ちの方の分でコレはトールなんでw」
と言われた。

極めて痛烈な赤っ恥であります。
その場で華麗なるお茶をしていたセレブからは嘲笑であります。
舞踏会にやってきたシンデレラを蔑み笑う姉たちの声
「あの娘には雑巾がお似合いなのよクスクス」
「なんかカビのニオイがしませんことクスクス」
聞こえる・・・聞こえる!
蔑み笑うこの声が・・・
感じる・・・感じる!
嘲り見下すこの視線が・・・

メタルゲージが振り切れた。
「何がおかしいんだ貴様等ーッ!!」と
そこらじゅうの机にネリチャギし真っ二つに叩き割る。
そして最初に笑ったIT長者風の青年に掴みかかり
マッハパンチで頭骸骨を粉末状に砕く

もう手がつけられなくなり
「アヒャヒャ、アタシはシンデレラ!
 魔法使いのおばあさん・・・カボチャの馬車!ニンジンの戦車!
 空襲よ!!リンゴの戦闘機の空襲がくるのよ!!
 守る呪文はタゾチャイティーラテ、タゾチャイティーラテ!!」
と喉の奥から火のつくような絶叫を上げる

もはや廃墟と化したカウンターからイケメンが
ギリギリな動きで差し出したタゾチャイティーラテのショートを
ひったくり、満足気に店内を後にする
「ケッケッケ・・・
 ミラノサンドAセットのAは・・・
 ASS HOLEケツの穴、
 BセットのBはBLOOD、血
 CセットのCはCountdown!
 そしてD!ドトール♪ドトール♪我等のドトール♪
 競馬新聞片手におっさん沸きかえルルルルー
 トイレの防臭剤のニオイで嗚咽するルルルルー♪」
とドトール公式応援ソングをリズミカルに歌い上げながら帰る。

そして職場の休憩室へ戻り、灰皿が無い事に激怒しつつ
窓際の席にコッソリと座りアンスラックスを聞きながら
「ジャスティス!ア~ア~ア~アアア~!!」
とベラドナごっこをしながら一休み
それが僕のお昼休みの過ごし方DEATH。

制服の肩にカーディガンをかけて
「さむーい」とか言いながら小走りでかけてくOLや
スーツのまま立ち食いソバに入り
「おいカレー、大盛な」
と言うエリートオッサンとも違うスタイルですが
こんな感じで休み午後の仕事に備えてます。

学校や職場に必ずあるであろう昼休み
皆さんはどんな風に休んでますか?
仲間と語らうのも楽しいですが、未体験ゾーンへ踏み込むのも冒険
今日、入った事の無いゾーンへ冒険してみてはいかがでしょうか

そんなこんなで今日はこの辺で失礼します
くるくるシャッフル♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。