で、その問題は数学的に証明できるんですか?



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



プロフィール

実際問題ver.3

Author:実際問題ver.3
彼女いない歴=破滅の次元軸ドライバー
都内にて細々とアルバイトしている2Ⅳ才
クイズマジックアカデミーが大好き。
現在魔導士
ダーツ修行中
カードネーム『沢尻エリカ』
現在Cフライト
皆藤愛子さんが死んだら
自動的に僕も死ぬ
リンクしてくれる人募集中
議題、テーマも超募集中



チャット殺シアム



飼育場



宙は血に染まっているか


-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



星の鼓動数



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大雨洪水溺愛注意報
昨日は隅田川で大規模な花火大会があったわけでして
猛威を振るっていた梅雨前線も、この日ばかりは腰を抜かし
浮かれた頭のユカタリアンに頭を垂れて
自慢の雨を引っ込まし夏の夜空の花火を許しやがりました。

仕事帰りのユカタリアンはマジでヤバい。
普段だったら絶対に座れる時間に座れない
座れないどころか満員に近い。
なんだか和装の男女が目立ちます。
ああ、僕はタイプスリップをして明治時代にキたんだねと
無理やり自分を納得させました。

しかし梅雨野朗も情けの無い。
ここで隅田川を反乱させるぐらいの大雨を降らせて
みんなを溺れ死なせるぐらいのガッツが欲しかった。
で、あいつらみんな溺れて死んじゃえばいいのさ
愛に溺れて死んじゃえばいいのさ

それはそれとして、今日の仮面ライダーも盛り上がりましたね
無敵の天道君も今回ばかりはちょっとピンチ
坊ちゃまは相変わらずわけわかんないし・・・
これでまた来週まで生きる理由がみつかりました。
ていうかDXカブトゼクター買っちゃおうかな
特撮マニアの一線はおもちゃを買ってしまう処にある
と、聞いたことがありますが・・・超えちまおうかな。

またまた話を変えて音楽の話を少々
最近、ヒムロックをよく聞いています。
BOOWYとかソロ時代の曲とか・・・
やっぱりこの人の声っていうのは、日本でも指折りのいい声ですね。
誰が聞いてもカッコイイと申しますか
唄い出しだけで、「ああ氷室さんね」とわかる声
そして臭すぎて意味がわかんなくなってる歌詞
これがヒムロッククオリティなんですね。

ワインの海に唇を濡らして、誰も来ない夜へ・・・
 抱き合う指に眠れないジェラシー
お前の全てを 奪うものがあれば 許さないヨ



こんなことを真顔で言うような奴は基本的にダメですよ。
どういう心境に到達するとこういう詩が書けるのか聞きたいもん
少女漫画も裸足で逃げ出すこのクサさ、
かっこ悪いぐらいにカッコつけて、それでいてカッコイイ
これが出来るのは日本広しと言えども氷室京介ただ1人、と
僕はそう考えています。


しかし、全然どうでもいいんですけど
巨人弱いっすね・・・
中日になすすべもなくボッコボコにされてる姿を見て
一つの時代の終わりを感じました。
別に巨人ファンじゃないんですけれど、
まず桑田のエースナンバーを上原に譲るとか
もっとこうスピリッツ的な面を強化したらどうです?

まぁ小関とか小久保とかそんな奴等ばっかりのチームに
スピリッツとか求めてもしょうがないんですけど
このままクソ弱いままだと、本当に終っちまうぜ・・・
だからと言って、『ウチの金本アニキは最強だぜ!!』
とか喚く腐れ阪神ファンには辟易しますね。

好きなチーム応援すればいいっていうのが極論なんだけど
ある程度の位置づけっていうか
巨人=強い
中日=冷たく巨人を狙う暗殺者集団
阪神=巨人のライバル。職人が揃ってる。ネタも揃ってる
ヤクルト=不思議に強い。面白外人の生産地
広島=熱い奴等の集合体。感動を提供する赤ヘル
横浜=怖い。監督の顔だけで客が呼べる。

みたいな感じでセ全体で盛り上げていかないとヤバいって
その点パは盛り上がっているように感じるけど・・・

そんなこんなで日曜の休日が始まったわけですが
なんか眠くなってきたのでもう一度寝ます。
おきたらもう一回カブトとかを見て再び寝ます。
本心を言えば起きていたくないのです、どうせ起きてたって
いいことなんか何一つ・・・

スポンサーサイト

おまえの将来の方がこええよ
山羊座・・・1位☆片思いの人との距離が急接近
      ラッキーアイテムは日焼け止め

おはようございます。
このような占いの内容にもかかわらず、1位という結果に
喜びを隠し切れない朝であります。
我等が守護聖人である愛ちゃんは九州でわけのわからん体操をしてるし
もう僕もめざまし体操キャラバンに強行参加したい気分です。

僕もバイクさえあれば本州の端っこぐらいまで突っ走る覚悟は
あるんですが、残念ながら僕に残されているのは
この2本のあんよだけなので、靴ズレの痛みを堪えながら
散歩するだけに留まりそうです。

ていうか最近外国人の旅行客が目立ちます
欧米だけじゃなくて、アジア圏からの人たちも多くて
英語でまくし立てられると「・・・」ってなるんですけど
中国語とかそういう聞いても意味プーな言葉でギャースカされると
「るせーバーロー」とか言いたくなるから僕は右翼です。

あと凄まじくどうでもいい話なんですけど
最近、早番で職場に行く途中必ず目撃する女性がいて
黒い日傘に黒い手袋をした、まるで葬式帰りみたいな人なんですが
これ以上ないぐらい冷たい目をしていて、肩を全く動かさずに歩く
不思議な女なんですけど・・・コレってやっぱりアレですかね。

最近見ないと思ってたらまたキちゃったか・・・
最期に見たのは中3ぐらいの頃だったかなぁ
当時ストイックランニングを日課にしてた僕が、いつもの様に
汗みどろになってランニングを終え、公園の水を頭からかぶり
フラフラしながら家に帰ろうとしていると
砂利の敷き詰められた駐車場の隅っこになんかいるんですよ。

遠目で見たところによると、どうやら若い女みたいでした。
黄色いワンピースを着て頭はショートカット。
なんかその場にうずくまってゴソゴソしていました。
だんだん近づいていくと、その人が普通の人じゃないことがわかる。
なんか両手が肘のあたりまで真っ赤なんですよ。

「あぁ、殺しちゃったのかしら。」
その程度に考えた僕は、足早にその場を立ち去ることにし
足音を立てずにそれでいて早足に夜道を急ぎます。
怖いな・・・怖いな・・・と思いながら後ろを振り返ると
遠くのほうにいるんですよ、アレが。

さらに足早に歩いても、一定の距離を保ち後方にいらっしゃる。
かいていた汗もピタリと止み、こいつはやべぇともうダッシュ。
自慢じゃないですけど僕は比較的足の速いほうでして
何か特殊な競技をやっていた人間以外、ましてやワンピースなんぞを
着ている姉ちゃんに遅れを取るようなことはまずありえない。

そんな僕が渾身の猛ダッシュですよ。
もうねちょっとした原付なら追い越してたと思いますよ
で、200メートルぐらい疾走してスピードを緩め
十字路に差し掛かると、横から変なのが見えるんですね。

あの女なんですよ。

今、思い出しても不思議なんですが
結構な距離まで接近されたにも関わらず、そいつの顔が全く印象にない
目があって鼻があって口がある。そんな印象すらない
ただ人間の形をした何かを見たってだけ。

そっからはもうよく覚えてません
もつれる足と舌で交番に駆け込み「ふ、ふ、不審者であります!」
とか言ったのは覚えてる。
おまわりさんからしたら『不審者?おまえがな』って感じだけど
あの時は本当に怖かった。もう終わりだと思った。

で、その1件以来僕は霊的存在を信じるようになり
オカルティックなものを読み漁ったり、占いをやってみたりする
暗黒少年へと転生するんですけども
あれ以来リアルオカルト体験ってのはないんですね。
でも霊の存在を軽視するような人にはこの話をするんですけど
あんまり真面目には聞いてもらえません。

つうかこの話も前に一回したことがあるかもしれませんが
恒例行事、稲川順二の怖い話の内容が同じな気がしたり
コウダクミの海の家がある場所は一昨年に浜崎あゆみが海の家を
やっていた場所と同じな気がしたりするのと一緒
誰も覚えてないということは、バレてないってことなんだぜ
ってことですよ。

後味の悪い話で恐縮ですが今日はこの変で失礼します
では皆様、ゴキげんよう

追伸:怖い話をどうしても読みたいのなら
   ココ
   とかに逝ってみて下さい。
   寝れなくなったとかそういった寝言の類は一切受け付けません
   けど・・・

先生!インサイダー取引は自由研究に入りますか?
おはよございます。
久しぶりに太陽の覗く爽やかな朝であります。
それが影響してか、今日は久しぶりに楽しい夢を見ました。

なんか滝川クリステルに『コーヒー買ってきてください。』って
言われて「はーい。」と自販機にダッシュ
でクリステルならブラックだろ、と判断してクリステルに渡すと
『甘くないと飲めません。』って言われました。
よくわかんないけど、とてもおもしろかったです。

学生の皆様はテストの追い込みの時期なんでしょうか・・・
ウチの妹も錯乱したように課題を作成していましたが
いつもの事ながら乙であります。
僕も英作文の課題で、アイアンメイデンかイングヴェイの
ライナーノーツを丸英訳しかなりクレイジーな作文を提出した
ことを今でも思い出します。

もっと遡れば小学校の自由研究など苦労した思い出が走馬灯の様に…
おばあちゃんの家の近くの『オシロイバナ』の種を乱獲し
中の白い粉を持ち帰り煙幕弾として使用したなぁ・・・
あと近所の写真屋からフィルムのケースの蓋を無料で貰い
どのメーカーの蓋が一番良く飛ぶか、とかを必死にやってましたね
「コニカすげえよコニカ!」みたいな感じで・・・

書き連ねてみたところで、先に挙げたのは研究じゃなくて
ただの悪戯であることに気付きました。
つまり僕は自由研究が未提出な男なのです。
人間として重要な部分が欠けた欠落人間なのです。
この夏こそコレを提出し僕を補完する必要があります。

そこで自由研究のテーマを決めたいと思います。

①たのしいさんすう
 くるまがだいすきな実際問題くんが
 きんじょのこうどう、かんじょう7ごうせんまで行って
 とおるくるまのナンバープレートのすうじ4けたを
 きがくるうまで足していくけんきゅう。
 にっしゃびょうと、せいしんほうかいのきけんがともなう
 スリリングなけんきゅうだ。

②あばれるこくご
 くちのききかたのなってない実際問題くんが
 きんじょのとしょかんへ行き、としょかんのお兄さんに
 止められるまでえほんを音読するけんきゅう。
 いっぽまちがえればたいほもまぬがれないきけんがともなう
 スリリングなけんきゅうだ。

③りかだいすき
 すっかりこんちゅうがにがてになった実際問題くんが
 そのにがてをこくふくするため、きんじょのこうえんに行き
 てきとうなこんちゅうをつかまえてかんさつするけんきゅう。
 きんじょのこうえんにはひからびたカメがおちてるので
 ちょっとしたマリオ気分があじわえる。
 ただあまりカメをふみすぎると、おまわりさんとともだちになる
 きけんがともなうデンジャラスなけんきゅうだ

④つかえるほうりつ
 いがいにもほうがくぶを卒業している実際問題くんが
 ひさしぶりにそのほうりつのじつりょくをみがくけんきゅう
 てぢかなさいばんをぼうちょうしに行き
 実際にほうりつがこうしされるひややかなくうかんをたいけんし
 あついなつをのりきるけんきゅう
 ただ、さいばんをまちがえると本当にブルーになるきけんがともなう
 アカデミックなけんきゅう

⑤あいなんていらねぇよ夏
 かのじょがいないことをさかてにとり暴れ気味の実際問題くんが
 ことしの夏もひとりをまんきつするけんきゅう。
 ひとりでダーツをしたり、ひとりで映画に行ったり
 ひとりで海をみにいったり・・・
 ただ、あまりやりすぎるととてもさみしいきもちになるきけんが
 ともなうマゾヒスティックなけんきゅう。


と、こんな感じでテーマを決めてみました。
僕としては⑤なんかが非常に研究のしがいのある課題だと思うんですが
皆さんはもう課題を決めましたか?

夏はみんなして気が変になる季節です
小学校の頃、木村くんは学校の扇風機に指を突っ込み
突っ込みの入れられないような状況に勝手に逝ってしまったし
クラスのやんちゃグループは工事現場を秘密基地と勝手に決めて
本当に布団や食糧を持ち込んで警察のやっかいになってました。
夏は危険が一杯です。

みなさんもこのような危険を回避しつつ
おとうさんおかあさんのいう事を生暖かく回避し
各々勝手気ままにそれでいてクレイジーな夏を存分に過ごしましょう
それではゴキげんよう

怒りは拳に、誇りは胸に、滾る血は明日への道しるべ
おはようございます。
また、奇妙な時間にお目にかかります。
こんな時間に目が覚めるのは生活時間が狂っている故か
それとも今日の仕事で遭遇した狂った畜生への怒りからでしょうか

なんというか世の中狂ったもん勝ちであります。
僕のバイトは所謂接客業でございますが、コレの最大の弱点は
反論ができないことであります。
何を言われても『申し訳ありません』と言うしかない苦しみ
もう不条理以外の何者でもない

今日来たクサレ脳みそは一見して分るキチガイ野朗
買った商品壊れたから、ゴネりゃ代わりが貰えんだろうと
安易に考えるその脳みそ、まさにミニマム
一度も目を合わそうとしない虚ろな目
横柄な口を利きながらも手が震えてやがる
なめくさりやがっていることに、返金や交換が出来ないことを臭わすと
『じゃあ今日俺どうすればいいんだよ!』だってさ

だったら俺が寝かしつけてやるよ
その臭い口に五尺玉を入れて花火を上げてやるよ
もうね馬鹿の相手はしたくないんだよ実際問題
馬鹿っていうのは伝染して蔓延して人を腐らせる
1人そういう馬鹿がいると馬鹿がそれを真似してもうダメだ。

あの馬鹿くそったれド畜生は、大して壊れちゃいない品物を
僕の目の前で己で壊しだして
『こんなに壊れるのは商品品質に問題がある。』とか言ってた
お前の思考能力の方が問題を抱えていることに気付け。
お前は消しゴムを買って
『字を消していたら消しゴムが削れた。交換しろ』と言うのか
言うんだろうな。お前の脳みそから発せられる腐れ口上は
時として奇跡を起こすダイナマイトだ。
人を怒らせる奇跡の起爆剤だ

クズにクズと言えぬままに引下るのは何よりの屈辱だ
FUCKだ!SITだ!ASS HOLEだ!
畜生め、この場で言ってやる
お前はクズだ、未来はない。お前が一日生きれば1000人苦しむ
自殺しろ自殺してもうこれ以上俺を困らすな
次この俺様の前に汚い顔を晒そうものなら
首から上を吹き飛ばしてやるから覚悟しろド低脳め

だいたい仕事場の偉い奴とか言う奴もクズばかりだ
僕がそういうキチガイに絡まれているのに
ニヤニヤするばかりで助けもしない、まああんな奴に助けられるのも
屈辱だが、それぐらいしか仕事がないんなら仕事をしろ
若い女の尻追いかけてニタつくだけならな・・・
俺にだって出来るんだよFUCK!
あ、できないかも・・・

とにかく偉いって言うのは頭が悪いってことに決まってる
あいつ等が一流なのは説教と頭を下げることだけだ
軽い頭をポンポン下げて、偉そうに説教タレやがって
もう嫌だ。困る。困りあぐねる。困り果て泣くね。
絶望だ。この世は絶望に満ち溢れている。

いい事なんかすぐどっかに消えちまう気まぐれな野朗どもだ
追いかければ逃げ、探しては消え、求めれば拒絶される
今日は本当にダメだ
今日は落ち込みを満喫することにしたので
こんな文章で大変申し訳ございません。
皆様はストレスを抱えすぎることなきよう
日々を過ごされることを心より祈っております

近所の祭りの花火かと思ったら落雷でした
今日は近くでお祭りがあったようです。
そんなに大掛かりな祭りではなく、こじんまりとしたもので
近所のヤンキー諸君が冷めたホットドックを頬張りながら
ガンを飛ばしてるぐらいしか弊害は無く
こども神輿やテキ屋の臭い等、夏らしい雰囲気を出していたので
良しとしましょうよ

後はゲーセンで『機動戦士ガンダムSEED 連合vsZAFTⅡ』を
緊迫の初プレイいたしました。
使用した機体はデスティニーガンダムでキャラはシン。
色々と確かめながら動かしてるうちに、ストフリ+キラ様という
非常に不愉快な組み合わせのボンクラに乱入され
なすすべも無く敗北いたしました。

僕のコイン投入から奴の乱入までのタイムラグから判断するに
僕がドブ素人だということを吟味してからの乱入したと思われます。
悔しいのは山々ですが、ゲーム自体全く把握できぬまま敗れたので
敗因すらわかりません。

ただ、現時点での感想を言わせて頂けるのならば
前作の方が面白かったように思われます。
ていうかvsシリーズ最高傑作は連邦vsジオンDXである
という考えは今でも揺るぎません。
このシリーズは右肩下がりに俗物化しているような・・・
そんな気が致します。

ああ、そういえば今日は髪を切りましたね。
髪型とかはもうどうでもいいんですけど
美容院の人達のシャンプーテクってのは素晴らしいですね。
僕はあの瞬間がものすごく好きです。
電動のシャンプー台も自分がモビルスーツになった気になるし・・・

久しぶりに革靴以外の靴を履いたら
凄まじい靴ずれを起こし、足が痛くて堪りません。
今、椅子の下で足をプランプランさせてる見習い魔女みたいな
感じでキーボードを叩いております。
恐らくこの状態で風呂に入れば、魔女どころか魔獣の如き雄叫びを
上げることが容易に予想できますが
明日は不愉快な仕事が控えております故、入らないわけにもいきません

そんなこんなで僕の日曜はお終いです。
では皆様ゴキげんよう


追伸:『仮面ライダーカブト』が最近盛り上がってきた。
   でもボウケンジャーの盛り上がり方もハンパじゃない
   僕の中で密かにジャッキアップブームが起きている。

ガキドラマ。ごめんなさいが言えないの
こんな所で言いたくないけど・・・
  さっきはゴメンね・・・

ウン・・・


昼間っからこんなオシャレセリフ群を聞かされるから困る。
しかもそれが、恐らく小5の女の子だからもっと困る。
お前たちはどんだけドラマティックに生きてるのか、と。
しかも彼女たちは立ち止まって話してるわけじゃないんですよ。
自転車を押しながらすれ違いざまに言葉を交わす・・・

マジでドラマティックの低年齢化が始まってますね。
そのうち『ここは俺に任せて、お前たちは行けッ!!』とか
『この戦争が終ったら、田舎に帰って小料理屋を・・・』とか
言い出すかもしれないね。

それにしても宮崎あおいには一本とられた。
あの顔でイケメンと同棲してるから世界は絶望的だ
楽しみにしている朝の連続ドラマ小説『純情きらり』が
正視できないレベルまでショックを受けた。
以前脳内学会で提唱された
宮崎あおいの性格が悪かったらこの世は終り説
が具現化されたような出来事だ。

で、その相手のイケメンが某巨大掲示板の住人を
ヒキコモリとか無職とか断定して名指し批判したからもう大変
ちょっとしたお祭り騒ぎになってきているようです。

昨日はちょっと知人と飲む機会がありまして
やんやと飲み騒ぐうちに食べ過ぎてしまい、今日はその行いを
悔やんでばかりの一日でした。
若いから大丈夫とか、楽しいのならばいいじゃんとか
人はよくいいますけど、僕はそうは思えないのです。

これからかなり穿った刺激的な発言をしますけど
ココだけの話、僕は太ってる人はかなりキてる人だと思ってます。
自分をコントロールできない深刻な病気を抱えている
かわいそうな方、とまで考えています。

今日も親父がゴルフかなんかに行くんで靴箱をあさる為に
中腰になっていたんですけど、後ろから見たその尻っていうか臀部
モビルアーマーみたいにデカくって非常にみっともない。
親父のパンツを干すと、ちょっとした暖簾みたくなる
僕はそういう光景がすさまじく嫌いだ。

まぁこの過ちは必ず己の汗で償うのでいいんですけど
酒の勢いは恐ろしいもので、たまに恐ろしいことをさせますね・・・
その食事がちょっと長引きまして、最終バスを乗り過ごしてしまい
ダーツバーで夜を明かすことになったんですけど
そこで1人で放っていたら店員の姉ちゃんが話しかけてくるわけですよ
『勝負しませんか?』ってね

はっきり言って僕の腕前なんざザル以下の猿回しです
そんな僕に勝負を持ちかけるとは狂気の沙汰のイカレサディストです
それなのに少しばかりの酒がはいっていた為に
「いいだろう。お嬢ちゃん、後で泣き見ても知らねえぜ!!」
って感じで勝負を受けるから僕はイカレてる。

結果は勿論ボッコボコ。
負けず嫌いな僕としては永遠に忘れられない敗戦となりました。
あまりにも悔しいのでその姉ちゃんに
「お姉ちゃんはカウントアップ(一番基本的なゲームです)
 いくつぐらいいくわけさ!?」って聞いたら
『アタシ?600は平均的に出るよね。』みたいな事を言うのよ。

僕の平均が約400なのを小ばかにするような発言
とても許しがたい・・・おのれこの小女め・・・
死なす!圧倒的な敗戦というものを、その身に刻み込め!!!
とか思いながら阿呆みたいにマシンに金を投入しまくり
散財の限りを尽くすから僕の知能はアレだ。
ていうか今、それを思い出しても歯軋りするぐらい悔しいです。
今日も今から行くかな・・・


追伸:職場で面接を受けた。
   『こんなカスみたいな給料で俺を縛れると思うなよ下郎。』
   と言えない僕は限りなくヘタレだ。
   自分がとてもイヤになる。

追伸2:重いものを急激に持ち上げたら、しばらく手が痙攣した
    決定的な何かが終った気がする。

いい具合に湧いてますよ。湯じゃなくて俺の腸がね
最近、テレビでは瞬間湯沸かし器のメーカーの偉い人が
あやふやに謝ってる姿がよく見受けられます。
なんでも湯沸かし器が原因で過去に死亡事故を起こしちまって
それが最近になって明るみになったとか

同じく瞬間湯沸かし器の僕としても同情はできないけれども
謝るってのはなかなか難しい行為だなといつも思う。
殊にああいったマスコミ記者団に囲まれての謝罪要求とかだと
高圧的な記者の口調とかもあるし、パチパチ炊かれるフラッシュもある
もし僕がああいう立場に置かれてしまったら
今流行りの逆切れってのを起こしかねない。

集団心理というのは恐ろしいもので
マスコミの記者さん方はああいう質問を繰り返していくうちに
自分こそが正義、権利の行使者だという自覚が芽生え
ああいう高圧的な態度に出てしまうんだろうけれど
どうもなんというか、弱いものいじめに見えなくも無い。

疑問なのが最近リコールの多発しているトヨタ自動車
ココも充分問題がある企業だと思うんだけれども
記者会見を開かせて
『あなた自身、問題を認識してなかったんですか!?』
とか聞くようなことってないじゃないですか。
まぁ、タブーってヤツなのかもしれないけれども
権利とか正義ってのが都合のいい時だけ顔を出しゃいいってのは
まがい物の三文芝居だと僕は思いますけどもね。

話は変わりますけど、遂にゼロ金利が解除されたみたいですね。
これからは銀行間の利率の争いってのが起きるそうで
『利息より手数料のが高いって、ふざけてんのかFUCK!』
ってのがなくなるそうな・・・
それに伴って、住宅ローンの中でも変動利率をとってる人は
ちょいと面倒なことになるとかならないとか・・・

僕としてはこれまたどうでもいいね
銀行ってのはかなりきな臭い連中だ。
だいたい普段何をしているのか想像できないような業種ってのは
大抵の場合悪いことをしている。
極論かもしれないけれども僕はそう信じている。
ていうかむしろゼロ金利よりもゼロ彼女を解除してほしい。
して欲しいっていうかしろ。

今日はめずらしく職場に沸くカップル虫が少なくて
非常に爽やかな気分で帰宅できると思っていたら
お家まであと300㍍ってところでちんたら走ってるチャリを捕捉。

オペレーター
『チーフ!蛇行角4。この行動パターンは・・・
 間違いありませんカップルです』

チーフ
『会話の内容を拾えるか?』

オペレーター
『もうやってます。いま回線を切り替えます。』


カップル男
「おまえさ~・・・」

カップル女
「え~ちがくって!ちがくって!」

チーフ
『よし、もういい。ボウケンジャー、アタックだ!』

オペレーター
『チーフ!まって下さい。カップルの顔面画像を捉えました。
 今、画像を出します・・・
 ハザードレベル460・・・人間ではありません。』

チーフ
『ほう、それはちょっとした冒険だな。
 作戦を切り替えるぞ!生暖かく見守るぞ!
 一語一句聞き逃すな、奴等の痛い会話全てにシニカルな笑いを
 浮かべるんだ。優越感だ!優越感に浸るんだ!!』

オペレーター&その他
『ラジャー!』


と、こんな具合の脳内ボウケンジャーが出撃するわけですよ。
わかりにくいけど、なんか顔のあんまりよろしくないカップルが
痛い会話してるから、ちょっと許そうかなってそういう具合です。
いい年して中学生みたいな思考回路ですけど
こんなことばっかり考えております。

ここんとこの長雨で精神が腐りそうです。
ジメっとした駅や電車内に押し込められていると
発狂しそうになります。
もう勘弁して下さい。

追伸:女子高生とヤっちまうと世界を追放されるらしい。
   彼の場合は3回目のおイタっていうのもあり
   今度ばかりはとんぼ返りとはいかないようで
   芸能界なんてそんなもんだ。きっとそんなもんだ。




血の雨の降るこの道をラストシーンにしよう
今日もお休みだったのでビデオに溜まってしまっていた
映画連中をまとめて片付けた。
『リベリオン』と『ボーン・アイデンティティ』
後は雑多な『ROCK FUJIYAMA』とかを少々・・・

年間、劇場で20本足らずしか映画を観ない僕ですが
偉そうな事を言わせて頂ければ

映画は音楽とテンポ。

コレであります。勿論ストーリーやキャストの演技力も重要
ですが、音楽とテンポこいつが欠けてしまった映画は
折れた針で聞くレコード以下の破壊映像だと思っております。

そういう意味でも今日観た2本の映画を考えると
『リベリオン』は新しいタイプのアクション、ガン=カタ
の流れるようなスピード感は大きな見所ですが
そこに至るまでのストーリー部分といいますか、
はっきり言ってしまえばアクション以外の部分がザルで
しかもそのザルを隠す工夫が少ないと思います。

まぁアクション部分が少ないっていうのも致命的なんですけど
アクションとアクションを繋ぐ部分が無駄に長く
肝心のアクションが引き立たず、音楽も煽りに関してはいいんですが
この曲でアドリナリンを上げてくれ!!っていう
魂的な部分に欠損があるように感じてしまいました。

それに対して『ボーン・アイデンティティ』
記憶をなくした特殊戦闘員。何故追われているのか、何故逃げるのか
それすら分らないまま組織の謎に迫る。
よく言えばシンプルな、悪く言えばありがちなストーリーですけれど
流れるようにアクションやカーチェイス、特殊任務シーンを繋ぐ
事で退屈せずにいられました。

後、音楽も決して耳に残るわけじゃないんですけど
無駄に大袈裟になりすぎず、でも煽るところはキッチリ煽る
非常に理想的な娯楽映画といいますか
このような映画をコンスタントに劇場で観ることができれば
映画ファンとしてはある程度満たされるんじゃないかと思いました。

ちなみに現在公開中(?)の『パイレーツオブカリビアンDC』
コイツの前編にあたる音楽なんかは最強ランクじゃないですかね
あのテレッテッテテレテッテ~♪ってやつ
まぁわかんないでしょうけど、あの海賊が出陣しそうな曲
テレビなんかでも一時期使われまくってたからわかると思うんですけど
ああいう曲が映画中にあると、もう勝負アリですね。

たまに思うんですけど、僕が考える理想の映画は

○主人公は座頭市を現代風にアレンジした拳法と剣術の達人
○バイクアクションやCGもふんだんに使う
○音楽は前編メタルで、スレイヤーやメガデスの名曲をアレンジ
○アクションは超人的な身体能力を強調するようなリアルアクション
 1対300の殺陣や、5㍍級の怪物との一騎打ち
 高層ビルを1刀両断する描写が欲しい。
○残酷描写はやりすぎず、それでいて痛みが伝わる程度に
○意地の悪いやつはキッチリ死なせ、強烈なキャラは壮絶に死なす。

とこんな感じのモノを実現していただいたら
初夏限定版のDVDを10枚買うし、劇場にも20回は行きますね。
ラストシーンは・・・そうだな、表参道をフルに貸しきって
洗脳された人間達を片っ端から切り捨てて
最期は悪の巣窟と化した表参道ヒルズを斬る!斬る!斬る!

で、刀はササラに曲がり鞘に納まることがなく
主人公がしょうがなく刀を天高く放り投げる・・・
すると最期に隠れていた1匹が主人公に襲い掛かろうとする
その瞬間に脳天に突き刺さる!
とかだったら・・・もうたまんない。たぶん叫ぶね

話はそれますけどちょっと前のベルセルクには
こういう爽快感っていうか疾走感(百人斬とかロシーヌ戦参照)
があって、スゲーきもちよかったんですけど
最近はそういうカタルシスが少ないから残念でなりません。

理想は語っても語りつくせぬもの・・・
夢膨らみきったところで今日はお別れです
では皆様ごきげんよう

追伸:休みの日に仕事のことを考えるのは嫌いだ
   ましてや仕事に付帯する行動を休みにとらされるのは
   最悪だ。
   
   他人から奪ってはいけないものが3つある
   命と尊厳と時間だ。
   あいつ等がやろうとしていることは
   僕から時間を奪う行為だ。僕は絶対に許さない。   

24回目の夏に10歳の己を思ふ。されど躊躇いは無し。
夜の公園というものはなかなかいい。
昼間、餓鬼どもが散らかした砂場のおもちゃだとか
我が物顔で歩き回る野良猫たちの少し寂しい感じの静けさが
非常にいい。

僕はそんなにアクティブな人間ではないけれど
夏の夜にある何かにはやっぱりワクワクします。
昔、親父に強烈に折檻されて嗚咽しながら裸足で飛び出したのも
こんな夏の夜だった気がします。

小学校4年ぐらいだったか、僕は中学受験対策の塾に入れられて
クソの役にもたたねぇお勉強とテストの連続と
大好きだったスーパーファミコンの没収などにより
だいぶ不安定な精神だったんですよね。

そんな中で、確かテストの点が悪かったのか
テストそのものをバックれたのかなんだか忘れてしまったけれど
親父にボッコボコにされた挙句に、算数のドリルか何かが終るまで
寝るな、とか言われた瞬間にもうプッツン。
『出て行く!お前等サイアクだ!!』とか言いながら
玄関においてあった親父の革靴とママスのハイヒールを蹴り飛ばし
裸足で飛び出すわけですよ。

当時の僕の脳内としては、身内で唯一好きだった(今も好き)
おばあちゃんの家まで歩いて行ってやろうと思い
あやふやな記憶を頼りに裸足でアスファルトを踏みしめました。

時間としては丁度今時分の9時とか10時、
食べ盛りの僕としてはお腹も空くし喉もカラカラ
小汚ねぇTシャツは汗で瞬く間に色が変わり
餓鬼の足じゃ到底たどり着くことのないおばあちゃんの家へ向け
自販機のつり銭のトコに手を突っ込みながら歩き続けました。

2時間ぐらい歩くと小学生的にはもう限界。
今にして思えばそう遠くない公園で活動停止してしまい
ベンチに腰掛け呆然と時計を見て、いいようのない孤独感と
「俺は負けない。戻らない。」とかいう根拠不明の勇者的心境で
また目に涙を浮かべながら周りを見渡す。

猫の糞だらけだと思われる砂場に、ゴミ箱からかっぱらってきた
空き缶で城を造り、そこにどっかの餓鬼が忘れたであろうボールを
投げる遊びにも飽きた。
夏のくせにやけに冷たいブランコの鎖も怖い。
そんなこんなで公園を後にしようとした時に、見覚えのある車が・・・

餓鬼の脳みそなんてスーファミのRPGを解くとき以外は犬以下です。
所詮は小4。車でおばあちゃんの家に行くルートを辿ったに過ぎず
そういう状況に追い込まれたら僕は間違いなくおばあちゃんに縋る、
という事を推理したママスにより御用。
あえなく車に詰め込まれ家に強制連行されました。

激しく気まずい空気の中、ママスは無言で僕をファミレスに連れて行き
好きなものを食べるように言いました。
ドリアとクリームソーダをぶっきらぼうに注文し、無言で食べ続け
ママスは黙ってアイスコーヒーを飲んでいました。

一通りの食事を終えファミレスを後にする。
車に乗せられ家路に帰る。
僕が足の裏を真っ黒にして歩いてきた道のりが一瞬で通り過ぎる
僕の2時間に及ぶ小さな反抗は、まだ新車の臭いが残るマークⅡで
ゴミクズみたいに無に帰されていく。
そんな風景をアホみたいに眺めていたら、運転中のママスが言った。

『よく道、覚えていたわね。』

「・・・ん。」

『結構探したのよ。』

「・・・ん。」

『帰ったらお風呂入って寝なさい。
 お父さんにはお母さんから言っておくから。』

「・・・んん(号泣)。」



と、まぁこんな感じのノスタルジアもありまして
僕は夏の夜が結構好きなんですね。
勿論、お祭りだとか花火だとかそういうアクティブな要素のモノも
楽しいでしょうけど、それだけじゃなくって
下らないかもしれないけれど各々が持つ夏の情景みたいなのが
毎年来る夏をより味わい深いものにしてんのかな
なんてことを思ったりもします。

ちなみにママスが僕を迎えに来た時の車は
今もまだ駐車場で小汚く存在しています。
免許が欲しい妹なんかは
『あんなのに乗るぐらいなら、アタシはクレーン者に乗るよ。』
などと免許が取り立ての僕のようなことを言っております。
妹はアルファロメオが欲しいみたいです。

さっき公園を徘徊した時、僕は普通にダイエットコーラを買ったし
その気になればファミレスでドリアぐらいは食えたでしょう
あの頃の僕が今の僕を見れば、間違いなく塾に行くのを辞めたでしょう
でも最近は全部ひっくるめて現在も過去も許せるようになりました。

まぁムカついたら出て行くとか辞めるとか
手近なモノを蹴り飛ばすとか・・・
なんか成長の欠片もないトコとか、ヤになっちゃいますけど
今年で24回目の夏を迎えることになりました。
少し遅れちゃったし伝わることが無いと思うけれども
ママスに言いたい事があります。

あの時はありがとうございました。
ドリアご馳走様でした。
今月お払いする予定の5万、非常に厳しいです
まじで勘弁して下さい。

その時、歴史はウゴウゴルーガ
精神は時として肉体を凌駕することがあります。

おはようございます。昨夜の激怒から一夜明け比較的クールに
なったかな・・・と思ったのも束の間、
強烈な下痢と足の小指の爪が真っ二つに折れるという
明らかに変形の予兆とも思える事が起きとてもヒヤヒヤであります。

恐らくこの後の展開としては
皮膚が青く変色して亀裂がピキピキ入りだし、瞳孔が拡大して
「あ、あいつが・・・やめろーッ!!!」のセリフを最期に
戦闘細胞生命体として人格を乗っ取られ
「・・・エリミネート(皆殺し)ヲカイシスル・・・」
と言いながら破壊行動に入ると思われますが
ここは我慢しつつ林檎の皮をシャクシャク剥きながら
まったりと日曜の朝を過ごしております。

今日、僕は朝の5時に起床したわけなんですけれども
タバコがないことに気付きまして、近所の自販機に
320円をしっかり持ってフラフラと行ったんですよ。
するとめまいがしそうなぐらい頭の悪そうなヤングが多数いて
悪そうな音楽をズムズムやってる黒い車の周りで
なにやら楽しそうにしているんです。

全く迷惑な奴等だな。と思うのは山々ですが
非常に怖かったのでそこを迂回して別の自販機に行くことにし
足早にその場を立ち去ろうとした瞬間に、ヤングの中の1人に
見覚えがあることを思い出しました。
彼は同じマンションに住んでいるヤ○ザのご子息で
小さい頃からヤ○ザエリートとして育てられた
悪汁100%の無添加非行少年。

彼の乗る原付はハーレーよりもうるさく
彼の着るファッションは誰よりもダボダボし
彼の飲むジュースは誰よりもシンナー臭く
彼の言動は誰よりもラリラリポンチという、恐ろしい男です。

彼は変わらずに彼の道を彼なりに進んでいる・・・
とても迷惑な彼だけれども
それしか道がなかったのかもしれないな・・・
そんなことを思いながら、少し離れた自販機で
いつもと違う銘柄のタバコを購入し、またトボトボと家に戻りました。

お母さんはよく
『あなたは高校の時から精神的成長が一切ない。』
と僕に言います。
確かにその通りだと思いますけれども、僕は別にいいと思います。
このリズムで生きていくことも悪くはないし、
それ以外のリズムをとることは僕にとって苦痛でしかありません。

精神的成長か・・・なんか最近逆に退化してる気すらします。
退化ついでに妹のセーラー服とか着ちゃおうと思っているから
僕は永遠にもてないまま生命を停止するのでしょう。

なんかもう各駅停車の鉄道で山口県まで行きたいぐらい
疲れました。





お前たち3人のIQを足して6乗しても、馬のハナクソ以下にしかならないことをいい加減にきづいたらどうなんだ
今日は、っていうか今日も非常にムカついた一日でした。
あってはならない事が起き、起きて欲しいことが起きない。
全くおもしろくない世の中であります。

なんでも僕の上司の上司っていうか
複雑なクソッタレたゲロ畜生的な関係から
僕の態度とか外見について僕の上司に注意が促され
僕の上司がやむなく僕に注意するっていう・・・
まぁ要約すると大陸間弾道説教ですな
コイツが僕の頭上に叩き込まれ、6ヶ国間協議も真っ青なぐらい
緊迫した関係の出来上がりですよ。

これは僕の独善かもしれないけれども
遠隔説教を行うような野朗はチンコの生え損ねた
くされオカマ野朗か、女の性根を腐らせたクソ女と相場が決まってます
だいたい自分の口から直接説教を垂れられないようなヤツは
脳細胞の死滅したイカレポンチのスタンカンだ。
全くの雑魚だ。ダイエーの鮮魚売り場ですら見捨てる血合い以下だ。

もうさ相撲で決めようぜ相撲で。
負けたやつが勝ったやつの言う事聞くってのがシンプルでいいよ。
女々しい言い争いとか嫌いなんだよね実際問題。
冷静に考えれば僕の稚拙な態度とか言動は確実に社会性を欠いてるけど
それに対してネチネチとニタつきながらベロベロしてる
お偉いさん連中には社会性はあっても、男としての何かがねぇんだよ。

キチガイみたいな客の相手もしねぇで
矢鱈目鱈にお得意さんだかなんかの体脂肪率の高そうなデブに
ペコペコしてばっかりの狂信者どもと
足癖の悪い僕と、どっちが正しいか
もう何がなんだかわからねぇからさ相撲かムエタイで決めようぜ。
僕としてはクイズ対決でもいいんだけど
それじゃ僕が圧勝しちまうからそれは勘弁してやるぜ。

もうこれ以上今日の日記をつけたとしても
ただのラクガキになるので、今日はこの辺で失礼します。
また後日談を話す機会があるのならば
追って記録させて頂きます。

追伸:クーラーの効いた室内から屋外に急激に出ると
   たのしいトリップ体験ができることに気付いた。
   今日は一昨年の夏に死んだ祖母の愛犬が出てきて
   『なぁ、もうこっち来いよ。』と手招きしている映像が
   アタマに浮かび上がった。一応丁寧に断り
   彼の好きだったササミジャーキーのことを思い出して少し泣いた

HELLO!挨拶はこれぐらいにして、まず座れ。そして謝れ
おはようございます。連日の酷暑によって体調を著しく崩し
口をあけるのも面倒になり、電車で隣に立ってるおっさんの
強烈な肘打ちを喰らってもピクリとも動けない僕であります。
少し早いですが、どうやら僕は夏バテになったようです。

深刻な夏バテを更に加速させてくれちゃうのが仕事です。
何処へ行っても同じかもしれないですけど、
野良犬のくされ脳みそ以下IQな野朗どもには辟易させられます。
昨日も金持ちごっこがやめられねぇクソッタレにからまれて
『それでよくこの仕事してんなぁ。』とか言われました。

ブログを再開してふと思ったんですけど
仕事してる日とお休みの日だと感受性というか
なにかを感じ取る力が全然違うような気がします。
無論そのような力が多いのはお休みの日です。
ていうか仕事の日は、感受性に関わる何か重要なスイッチを
完全に切ってしまっているような気がします。
俺はこのままモテぬまま、僻みまみれで死んでいくのか
とか、某B’zのタイトルみたいなことばっかり考えてるうちに
楽しい事とかそういうものを感じる力が死んじゃったんだと思います。

そういえばテレビでオカルトとか心霊商法にまつわることをやってた。
テーマとしては『オカルトや心霊の存在を真っ向否定しよう。』
とかそんな感じで、占い師や霊能力者と爆笑問題の人なんかが
舌戦を繰り広げていた。

僕も占いは気にする方だし、むしろ自分でタロットを購入しちゃう位
人よりは詳しい方ですけれども、確かに占いに関して言えば
オカルトってよりも話術の面が強いわな、と思いますね。
その話術を特化させて、商売をしよう・・・ってのはイカンね。

ただ、そこに出演してた日本語の達者なニセ外人みたいなヤツが
得意げに並べる横文字には吐き気がするね
だいたい僕はジェンダフリーとかダブルスタンダードみたいな
わけのわからん横文字垂れて調子に乗ってるような馬鹿が大ッ嫌いだ。
そういう奴等に限って日本語が不自由な野朗に決まってる。

横文字なんてものはギガとかメガとかアルティメイトとか
明らかに強そうな響きのするヒーローの必殺技に使われるモノ以外
全廃していいよ。
たしかに会話の中でそういう知的横文字並べりゃアタマよさそうに
聞こえるよ。でも僕はそれが物凄く気に入らない。
そういうヤツは日本語表現から逃げている低脳児だ。
あいつ等のメールは絵文字がいっぱいだ。
あいつ等は朝ごはんにクロックムッシュを食べてオシャレを気取って
いやがるに決まってる。マジでFUCKだ。

とかなんとか言っても、職場に外人が来たら
「OK。」とか言う僕も終っている。
なにがOKだよバーロー・・・
僕も英語が喋れるようになったら

『おい金髪、ここは天下の往来だぜ
 貴様のでかい図体ときょうび疎開でも使わねえようなズックは
 邪魔でしょうがねぇから、青いお目目でギョロつくのはいいから
 荷物まとめて秋葉原でも行ってこいや。』

と英語でまくしたてたいね。たぶんブン殴られて吹っ飛ばされて
壁に人形の穴があくアメリカンな結末になると思うけど・・・

なんかぐだぐだになりましたけど、今日はこの辺で失礼します
それではゴキげんよう

追伸:26だか7時間テレビをやるらしい
   そんな事よりも∀ガンダム一挙放送した方が
   はるかに有益な事に何故気付かないのだろうか

そっくりさんはコックリさん。前世の罪が山積です
長野県の片田舎で自称熊田曜子のキチガイが逮捕されたらしい。
なんでも連続放火をし、それを自分のブログに
『コワぃよぅ。』とか書いていたらしい。
典型的なマッチポンプでこっちがコワぃよぅ。

まだネットには彼女に関する情報が散乱しているので
気になる方は調べてみるのも一興かと存じます。

しかしブログで犯罪の証拠となる文章を公開するというのは
一体どういう神経回路をしているのか是非教えて頂きたい。
書かなきゃバレなかったかもしれない犯罪も
書いちまえば全国区どころか世界規模で知れ渡る
功名心か自己顕示欲に火がついちまったのか知らねぇが
実際火をつけちまっちゃヤバい。
まぁ恐らく彼女のブログのアクセス数にも火がついただろうから
塀の中で泣いて喜んでいることでしょう。

そんなことよりも今日『M:I:3』を観てやろうと思ったら
どこもかしこも満員とか抜かしやがる。
まったくコッチもどうかしてる。
折角チケットを貰ったから観ようと思ったのに
2時間近く街を徘徊させられた僕の気持ちをなんだと思ってやがる。

それにしても街はどこもかしこも狂ってやがる
不意に入ったドトールじゃ大学生みたいな奴等が
紙屑を拡げて楽しそうに試験勉強している。
あのな、勉強ぐらい1人でしろよキチガイどもめ
それか図書館行って静かにしてろっつうんだよFUCK!

どいつもこいつもわかってんだかわかってねぇんだかわからねぇ
小汚い相槌ばっか打ちながら、歯糞丸出しでケタケタ笑ってんのね。
貴様等には優も良も可もやらん。不可すらやらん。
死だ。貴様等の成績表には死と絶を並ばせてやるから覚悟しろ。

それにしても僕は著しく暇人だ。
昼間は公園でプランプラン、夕方はどっかでプランプラン
暇つぶしの術がクイズかダーツか散歩しかない。
これじゃ折角の休日がむせび泣く・・・

コレから寝るまで何すればいいんだろう
どうせ起きてても何もいい事なんかねぇから寝ちまうか。
埃だらけの扇風機をつけて、壊れかけた椅子に引っかかりながら
タバコを吸って妄想するってのもアリかな・・・

中途半端ですが今日はこの辺で失礼させて頂きます
3回も喚き散らして大変お騒がせしました。

追伸:今日あった知人がマーティー・フリードマンを目撃した
   と言っていた。
   実に興味深く、それでいて羨ましい話だ。
   僕は先日、巨人軍の高橋吉伸の奥さんを見たが
   少しの感動もなかった。

燃え尽きた思い出だけのダイヤモンド
脱力系だとか癒し系だとか抜かす奴等っていうのは大抵必死だ。
ぜんぜん脱力なんかしてないし、癒そうとなんか思っちゃいない。
のし上がる為なら他人の4、5人は平気で蹴り飛ばす連中だ。

さっきあまりにもヒマだったので、近所の野球グラウンド行った。
そしたら偶然、私立高校の練習試合をやっていた。
呆然とそれを眺めつつ、失われてしまった青春を回想していたら
片方の高校には女子マネージャーがいることに気付いた。
勿論その後、野朗100%の高校を応援したのは言うまでもないが
見ているうちに辛くなってきたので、その場を去ることにした。
コレを書いてる今も、熱戦は続いているとはおもうけれども
僕は野朗どもを応援したい。

何度かお話したかもしれませんが、僕は中高と剣道部に所属し
まぁそこそこに頑張っていたんですけども
野球と同じく、剣道も試合ってのがありまして
区大会とかグループ対抗とか・・・結構色んな試合があるんですよ。
当時っていうか今もそうなんですが、僕は斜に構えた人間で
そこまで必死に試合をやってるわけじゃないっていうか・・・
負けたくないけど、勝ちたいわけじゃない・・・みたいな
スタンスでやってました。

今思えば、もうちょっと頑張ってればよかったなと思いますけど
ただ1度だけ『引き分けも却下、死んでも勝つ!』
と心の底から誓った試合がありましたね。

もう相手高の名前とかは忘れちゃったけど
相手の奴等には女子生徒応援集団がいましてね・・・
男子校丸出しな僕としては、負けるわけにはいかんのです。
うちの高校のヤツが1本とる(メンとかコテをクリーンヒットする)と
『キャー!』とか『先輩まだいけます!』とか言うわけですよ
体中の血管という血管から血が噴出しそうなぐらいムカついたね。

試合の方は5分5分で大将戦になって
(5人制の試合だと先鋒、次鋒、中堅?、副将、大将の順で
闘います。3本勝負だと2本先取で勝ち、時間内に勝負がつかないと
引き分け。大将まで闘い終えた時点で勝ち負けがつかない場合
大将戦となり任意の選手を1人選び闘い雌雄を決します。)
あんまり好きじゃなかった先輩が代表になり、相手は
相撲取りみたいな巨漢でテクニックはないけど、突進力が凄まじい奴。

試合が開始されると向こうの選手は場外を狙って突進・突進。
僕の先輩はゴミクズみたいに吹っ飛ばされて審判席や僕等の前に
何度も吹っ飛ばされるわけですよ。
先輩が吹っ飛ばされそうになるたびに、向こうの女子の黄色い声・・・
もうお分かりですよね。この展開こそ・・・<燃え>ですよ。

今流行りの<萌え>ではありません。
絶対不利の逆境、勝っても得るのは名誉のみ
男ではなく漢。
この展開に僕もヒートアップしましてね
普段、声とか荒げるほうじゃないんですけど、叫びましたね
「先輩ーッ!!ファイトですッ!!!!」
「あきらめんなよッ!あきらめんなよ!」
とかね・・・

結果は応援も空しく先輩は負け、僕の学校も負けたんですけど
ああいう燃える展開って、いいですよね。
自分の潜在能力+αが覚醒するっていうか
アドレナリンが爆発して、限界を超える感覚に陥ることができる。

もう1度あの頃に帰れたのなら、僕はもっと頑張れるのに
そう思っても帰れないから、思い出っていうのは美化されるんでしょう
なんか気だるそうに練習してる高校球児を見ていたら
そんなことを思い出しました。

20世紀に燃焼し切れなかった僕の青春は
21世紀に有毒な物質に酸化してくすぶっています
最近は冷たく液状化し、脳みそから零れ落ちてきます。
もしコレを呼んでいるティーンの方がいるのなら
僕は完全燃焼をオススメします。

ぶっちゃけなんでもいい、プラモでも寄木細工でもいい
コレだチキショー!っていうものに気が狂うまで打ち込んで
自分を燃え展開に持ち込んでください
燃えて灰になったとしても、その灰は
ダイヤモンドよりも砕けない物質になること間違いなしであります。

がんばれ青春。がんばれヤング。がんばれ男子校。
くたばれ共学!くたばれイケメン!くたばれ合コン!
実際問題は、頑張る男子生徒の公式スポンサーです。

チアガールの手に持ってるボンボンで叩かれました
昨日は、というか昨日もだけれども
仕事の後どこへも寄り道せず、最速ルートを使用して帰宅した。
帰宅して軽めの夕食を食べていると、テレビに伊東美咲が映っていた
どうやらママスが話題の月9を見ているらしく
ママス的には伊東美咲が結構好きらしい。

ストーリーはざらっと見ていた僕には良く分らなかったが
広告業界の中でピーチクパーチクやっているようだったが
正社員とバイト君という単語が劇中に出てきただけで吐き気がしたので
静かに席を立ち自分の部屋へ帰って寝た。
とにかく仕事とか会社を描いたドラマは嫌いだ。
拡声器で『うざいのよ!』って叫びたいぐらい嫌いだ。

あんなものを好き好んで見ている奴は狂信者だ
悪魔の詩の著者を殺そうとしている奴等と同じぐらい狂信者だ。
本当の職場には伊東美咲も亀梨君も、白石ミホもいねえんだよ
いるのは毎日同じ顔ぶれで、毎日同じようなことをしている方々だ。
ある日突然、偶然の出会いがあって、恋に堕ちて地獄に堕ちれるのなら
それこそテレビなんか見ない。

それに比べたら今日放送予定の加藤ローサが出てるチアガールのヤツを
見て、「ククク・・・、チアガール・・・最高だぜ・・・」
とか言ってるヤングメンの方がよっぽど健康的だ。
ていうかチアガールは現実世界における強化装甲の中でも
5本の指に入る破壊力を持っていると僕は断言する。
あの手に持った耳掻きのシッポみたいなのも含めて最高だね。
アレ着て応援してくれるのなら2万までなら出していいね。

健康的で思い出したが、イタリア優勝で幕を下ろしたW杯の影響で
満足な筋トレが出来ていないのです。
このままではジダン先輩のような鮮やかな頭突きができないので
僕は今日からトレーニング祭りを復活させることを決意しました。
鍛えて鍛えて、咄嗟に暴漢に襲われたらサマーソルトキックで
撃退できるぐらいまで鍛えたいと思います。

と、このように下らないことを書いていたら
居間の方から凄まじい破壊音がした。
どうやら妹とママスがバトルをやらかしたらしい。
あいつらはいつまでたっても元気だ。
今日の喧嘩の火種はなんだか知らねぇが、僕が寝てる時間以外なら
いつでもやらかしてもらって結構だ。

それにしても最近本当に暑苦しい
暑いと目に映るもの全て消したくなるぐらいムカつく。
ただえさえ暑いのに余計アタマに血が上る
血が上ったアタマを冷やすためにアイスを食べて下痢するから
またムカつく。
でも、馬鹿みたいに暑い職場のトイレで下痢に苦しんでいると
「この汗・・・この苦しみ・・・これこそ夏、サマーだね。」
と思った。

それでは皆様、体調を綿密に管理しつつ
来るサマーに備えて下さいませ。ごきげんよう・・・






緊急出動!サイレントボマーの微笑む朝焼け
おはようございます
『仮面ライダーカブト』の盛り上がり方はハンパじゃないですね
朝からこんなものを見せつけられたら、町中の子供達と
大きなお友達が、ところ構わず変身しちゃいますよ

もし僕がリアルタイムでカブトを見てる幼児(4~5歳)だったら
おもちゃ売り場で泣き叫んで吠えてバク転ぐらいはするね
「カッテェェェェェェェエエエエエエッ!!!!」
で、お母さんに連れ戻されそうになったら
「イヤアアアアアアアッ!!!!!」ですよ
子供の要求っていうのは、コレぐらいストレートじゃなきゃだめだね
イマドキの子供は潮崎のシンカーぐらい曲がってるから困る。

まぁこんだけ盛り上がっても、今日も今日とて仕事へ行くんですがね…
最近は本当に疲れることばかりで、
こないだも<The横柄>みたいなオヤジにへばりつかれて
『んなこたぁ聞いてないんだよニイチャン』とか
『いいからとってこいょ』とか言われて
ああ、この人はこうやって人と接することで
ストレスを解消しているんだなあ、ってそう思いました。

ストレスといえば最近、本当に電車内が不快です。
座ることに関しては完全に諦めているんですが
だいぶ素敵な格好をした餓鬼が、素敵な態度でいらっしゃることが
多いように感じます。

『んだぁから、そこで言ってやるわけょ。
 んんマジでぇ!?あ、そう・・・俺?今新橋だわ・・・
 うん、ああ・・・あっゴメン。スッゲー電波わりぃ・・・』

みたいな会話を棒状の物体を拡げてしている若者を見たときは
おっさん臭いけれども、リアル説教をしてやろうかと思ったね。
なんかアロハシャツみたいなのの胸元を
吉川晃司?ってぐらい拡げて、金のネックレスをぶらぶらさせてるから
超亜音速ハイドロスクリュー三段蹴りで、首から上を吹き飛ばして
やろうかと思ったんですけど、パワー残量が少ないんでやめときました

そういえば、ムカつくコトとはまた別になるんですけど
電車内で奇妙な人を見ました。
車内でノートパソコンを広げてるのはまだいいとして
窓にカメラとセンサーみたいなのを貼り付けて
アタマにヘッドギアみたいな物体を装着してる人がいたんですよ。

外見は普通の20代後半のサラリーマン風だったんですけど
あれはひょっとして、どこかの秘密組織のエージェントの方でしょうか
僕の読みでは、彼は走行する電車の振動をセンサーで計測し
車内全体にいる乗客乗員の重量と照らし合わせ
不審物を発見し、それを完全に取り除くという特殊任務を行う方
だと思うんですが・・・

もしエージェントの方でコレを見ていたら
是非僕も仲間に入れて下さい。
最終学歴は『たのしい幼稚園』ですけど
ヤル気だけは負けません。
趣味は冒険で、職業も冒険です
右利きだけど、左手で鋏が使えます。
視力は左が1・5で右が0・2です。
どうかよろしくお願いいたします。



首折り姫と非行星の流れ星
昨日は七夕。
僕は願い事を願うことすら忘れ、天の川ではなく
三途の川のほとりで涼んでおりました。
三途の川には浴衣姿の女の子などは当然いなく
故石原裕次郎がブランデー片手に貧乏ゆすりをしていたり
故松田優作が真っ白いスーツでビリヤードをしていました。

三途の川の向こう側には首折り姫がいて
借金で首が回らず自害した人たちの首をマッチみたいに折ってました。
するとそれを悲しそうな目で見つめる長髪の男がいました。
僕が彼に話しかけると男は静かに自分について語り始めました。

『僕は非行星。ココにくるまでは悪いこと=カッコイイことと
 ずっと思い込んでいた非行少年だったんだ。
 でもそんな僕をいつも暖かく見守ってくれていたのが彼女さ・・・』

「でも君の彼女はあそこで気持ちよく首折りしてますけど。」

『彼女の生前は天使の様な女性だったんだ。
 でも僕がこの三途の川に閉じ込められてから、僕が出てくる日を
 指折り数えているうちにアタマに蛆が湧いて、人の首を折るように
 なってしまったんだ。』

「それはお気の毒に・・・」

『うぉおおおお!!首折り姫ッ!!俺が悪かった!!
 もうやめてくれー!首を折るのをやめてくれー!!!』

そんな絶叫と懺悔も彼女には届かず
彼女は虚ろな目をした背広姿の男の首に、そっと手をかけて
面倒くさそうに首を折り続けておりました。

折り姫と非行星結ばれることのなくなった二人のこの先を
想像するだけで吐きそうになったので、非行星に帰る旨を伝え
この場を立ち去ることにしました。すると彼はこういいました。

『待ってください。僕は生前の悪行を浄化する為、現世の人間の
 願いを叶えるようにしてるんです。貴方の願いを聞かせて欲しい。
 僕が必ず叶えて見せます。』

「じゃあ僕がこうありたいと願う僕の姿にして下さい。」

『・・・わかりました。でも本当にいいんですか?』

「それは何故?」

『だって貴方は死にたがっています。だから僕はココに永久に
 貴方を閉じ込めようと・・・』

「それは困ります。僕はめざましテレビと仮面ライダーが見たい。」

『そうですか・・・では来年の今日、また会いましょう
 その時にもう一度願いを聞きます。貴方の願いが明るく
 それでいて楽しいものになってるといいですね。』

そう言い終えると非行星は寂しそうに手を振って僕に別れを告げた。
首折り姫はダラリと下げた両腕を返り血で真っ赤に染めて
次に来る人間をギョロリギョロリと探しておりました。

僕は帰り道にやっとわかりました。
三途の川から零れ落ちる流れ星は、首折り姫が折った人の首を
三途の川に叩き落してそれが空から降ってくるように見えるからだと
今日、曇り空を切り裂くように振ってくる流れ星は
生ききれず死にきれなかった人の魂が
行くあてを失って星になっているんだと、やっとわかりました。

来年の七夕には笹に単ザクを吊るして願い事を書きましょう
浴衣姿の女の子を見ても
「ケッ、どうせ脱いでからがお楽しみだろFUCK!」と思ったり
mihimaruGTを見て
「ケッ、偽矢口め本家もそうだが、分家もたいしたことない顔だぜ!」
と思ったりすることなく
心穏やかに、それでいて寂しげに生きていくことにします。

今日はいい天気です
昨日誰かが祈ってくれたからでしょう
『せめて明日はいい天気にして下さい。』と・・・
命と引き換えに・・・

それでは皆様ごきげんよう

追伸:記憶が錯乱して恐縮ですが、難病を抱えたギタリストが
   どっかのアルバムで演奏してた
   『When wish upon a star』にはすごく感動したことを
   思い出した。
   星に願いを、片手にピストル、背中に人生、唇に火の酒
   ジュリー・・・




ミサイルきたじょ。ミサイルやだじょ。
おはようございます。
現在僕はW杯準決勝ポルトガル×フランスを観戦してます。
昨日未明の北朝鮮によるミサイルには非常に驚かされましたが
今日、こうしてサッカーが観られるだけちょいとマシかなと
思いたいですね。

それにしても北朝鮮はナメてる。
もう殲滅作戦に入っていい段階にキてると思うんですが・・・
だって、あいつら放っておくとみんな死んじゃうよ?
まぁいいんだけどさ、どうしてああいう風になっちゃうかね
同じ人間なのに、どうしてあんな風に狂っちゃうのかね・・・
悲しい色やね

仮に北朝鮮に対して経済制裁以上の対応
言ってみれば武力制裁という段階にキてしまった場合
妥当に行けばアメリカさんが日本の基地から攻め込むんですかね
それも日本にとって結構デンジャラスな気もしますけど・・・

だったら日本も刑務所に入ってる奴等とかを
青春片道戦闘機に乗せて突っ込ませればいいじゃんって思います。
どうせ刑務所でたって犯罪をせにゃならんような奴等なら
迷惑をかけ続けた日本の為に死ぬってのも
たまにはいいんじゃないですか

勿論、往年のスター犯罪者も緊急参戦ですよ
林マスミは毒ガス部隊として活躍してもらうし
あの酒鬼薔薇も首狩り部隊か暗号部として活躍してもらいたいね

最近でいえば、スズカ容疑者選手は最前線に
トモダチ埋めちまったちびっこ極道は塹壕でも掘らせて
ヤギ・カルロスとかは・・・地雷背負ってピョンヤンでも
行ってもらえばいいじゃん

人権とか、云々言う人は考えて欲しい
いざ北がミサイル撃って来たら犯罪者だろうが女子高生だろうが
みんな仲良く死んじまうってことをよく考えて欲しい。

人はみな罪を犯す。大小はあれどみな罪人です。
そんな中でも命や尊厳を奪うような罪人は最早人ではないと
断言します。冗談ではなく先に挙げたような人たちは
どんな理由はあれど、この先生きていていいという権利なんて
これっぽちもないと僕は思うのです。

犯罪者の人権なんてショートケーキの上にのっかってるイチゴですよ。
イチゴがなくてもケーキはケーキだし
イチゴがなくても刑期は残る、ってね。


随分と大胆なこと言ってますけど
みんな死にたくないんですよ。
死神に連れ去られるその順番を一つでも遅らせる為に必死なんですよ。
差し伸べられた死神の手、その手に自分ではなく
自分よりも少しだけ悪いことをした人間の手を握らせる
人はそういう性を持った生き物だと思います。

まぁ一番ベストなのは、核弾頭を搭載したミサイルの発射に失敗し
一度上昇したミサイルがぐんぐん自分の頭に迫ってきて
金ジョンイルが
「おいお前、なんとかし、し、しる・・・」とか言って
それに軍人とか化学者が
『でも命令だしたの将軍様だし・・・』ってなって

金「じゃあわたしが死なないように考えろ!!!!」

化学者『将軍様!落下しつつあるミサイルに向けて2発目を発射し
    1発目の衝撃を緩和することができるかもしれません!!!』

金「そ、そ、ソレダ!!早くしる・・・」

化学者『よし!2発目発射だ!』

軍人『不可能です。』

金&化学者「なぜだッ!?」

軍人『こないだ日本ビビらすために7発も撃っちゃったからだにょ』

化学者『ばか者それでもなんとかするのが軍人だろ。
    テコンドーでもしてろ』

軍人『うるせーバーカ。命令したの俺じゃねーし
   そもそもアレも届いてねーし、だいたい誰だよあんなこと
   思いつくバカは』

化学者『確かにバカだよな。困ったものだ』



金「おまえらー!!許さん!死刑だちょー」

軍人&化学者「やだじょ。やだじょ。ていうかミサイルがキタじょ。」


金「ち、チクショー!誰だよこんな命令出したの!!!
  そいつ死刑!そいつ死刑、そいつ超バカ。」

軍人&化学者『・・・お前だろ?』


金「てへ。」



ちゅどーん




と、こんな感じで滅亡して欲しいね。
もうコントみたいな死に方すればいいじゃん
そしたらきっとあのヘンテコニュースでだけは
名誉の戦死とかって言ってもらえんじゃねーのかな



追伸:やはりフランスか・・・
   ジダン、花道は自分で用意する男・・・
   渋い。



実際問題vs『タイヨウのうた』
昨日は休みだったので夕方にかけて外出することにした。
体調や精神が絶頂であれば、メタルサンクチュアリ
御茶ノ水ディスクユニオンHRHM館へ突入し
気になるメタルを収集しようとも思ったけれども、昨日は著しい
不調を抱えていた為、お決まりの平和島映画鑑賞に変更した。

観たのは前々から軽く触れていた通り『タイヨウのうた』
簡単に言えば彼女が死んじゃう系の人死映画であります。
セカチューとか今、あいに・・・とかに続き
泣き系3部作とか言われてるみたいですけど
僕は涙の一筋たりとも流しませんでしたね。

ストーリーは、公式等で確認していただくとして
まずは感想を・・・
正直押しが弱いと思います。押しというのは涙腺への押しで
諸所に感動ポイントが用意されてるんですけれども
今ひとつ押しが足りない、と思っちゃいましたね。

死んじゃう系への馴れ(僕はセカもイマも観てません)が
あるのかもしれないけれど、物語と感動が一番盛り上がるであろう
ラストシーン近くになっても、まだ何か物足りなさを感じる
そんな話でした。

でも、主人公の女の子(安倍なつみみたいな顔)が彼氏に連れられ
いつも江ノ島の片田舎でやってたストリートライブを
横浜の人がいっぱいやってるところでやっていると
同じくライブをしていたストリートミュージシャンがアドリブで
彼女のギターと歌にあわせて演奏する、っていうシーンは
とてもいいな、ってそう思いました。

音楽をずっと続けてる人は、苦しいこととか辛いコトいっぱいだけど
こういうつながりっていうか、ガッチリ来る瞬間があるから
音楽がやめられないのかなぁ・・・とも思いましたね。

ただ、惜しむべきは主人公の女の子(YUIさんというらしい)の
歌が残念ながらあんまりウマくないという点と
映画自体の音質が非常にアレだという点であります。
前者の問題に関しては好き嫌いが別れるところだと思いますが
後者に関しては、音楽をストーリーの中心に据えた物語としては
致命的。どんなにいいシーンでも、彼女が歌う歌が高音にさしかかると
音がビィィンって割れちまうんですよ。これは興醒めです。

全体としては可もなく不可もなく
どっちかっていうと、男2人女2人でキていた
リアル高校生が上映中に食べていたポップコーンの音と
暗闇でもハッキリわかる、男が彼女の肩に手をやる動き
コッチの方に興味をそそられましたね。

もうね上映中にポリポリやられるとさ
それがどんなクソな映画であっても、マジでむかついてFUCK!!
なんだよホントに。。
あいつ等の頭部に手をやって、脳みそをポップ!
させてやろうかと思ったけれど、折角の休日だったのでやめときました

映画の話に軽く戻って・・・ちなみに彼氏役の塚本高史さん
この映画でも好青年を演じ、映画初出演のYUIさんとも
息を合わせてたなって感じです。
この人の出てるモノって何か気になっちゃうんですよね。
理由は簡単、この人はギターをやっていて好きなアーティストが
イングヴェイ・マルムスティーンだからなんですよ。

彼がなんかの雑誌のインタビューに答えてるのを見たんですけど
Xのhideがギターを弾いてる姿に触発されてギターを始め
インギーと出会い、ギターとは何か理解した。
とかそんな感じの発言だったんですけど
自分と遍歴が一緒っていうか、同じ感覚を持ってる・・・
ただそれだけのことなのに凄まじい親近感がムンムン沸いちゃいまして
なんとなく気になるんですよね、この人。

まぁまとめとしては、『ダヴィンチ・コード』とかの意味不明系の
映画を観て彼女との間に暗い影を落すよりは
こういうシンプルな話でゴキゲンをうかがえばいーんじゃねぇの?
といった感じです。
それからエンドロールのアニメーション
これがほんわかムードを醸し出していて、とてもいいデキなので
これから見に行く方には是非注目していただきたいです。

はい、こんなところで今日は失礼させていただきます
恐らく今日も余命3ヶ月の著しく可愛い黒髪の女性からは
告白や金銭授受の相談は受けないとは思われますが
今日も命ある限り、頑張らないように頑張りたいと思います。


追伸:キタ――――(゚∀゚)――――!!!!朝鮮の奴等は
   もうダメだ。あいつらミサイル撃ちゃ問題が解決すると
   思ってやがる。
   梅雨の雨に紫陽花が似合うように、やけっぱちのミサイルには
   経済制裁が良く似合う。
   どんな背景や事情があろうとも、人様の家の傍に
   ミサイル落っことしてハムニダハムニダしてる野朗どもは
   絶対に許せない。
   
   もし福田元官房長官が僕のところに来て
   『北朝鮮、中国、韓国を殲滅する特殊任務に協力して欲しい
    君の命と誇りを、私に預からせてくれないか?』
   と言ってきたら断るけれども
   非常にアタマにキた。ミサイルにのしをつけて
   お中元として送り返してやればいいんだ。



忘れることは心失うこと。アイスをトリプルで食べたいの
おはようございます
朝起きた瞬間から汗をかいている・・・
だったらクーラーをガンガンにつけて眠ることで
冷たくなって、もう二度と起きなければいいじゃん。
と、思ったことが多々あります。

『冷やす』ということは、とても重要なことです。
風邪をひけば冷えピタで冷やしますし
打撲すればサロンパスで冷却します。
熱をもってしまった部位は、それ即ち患部なのです。
31アイスクリームに並び、トリプルでアイスを食ってる奴等も
どっかが熱くなった患者だからアイスを食べているのです。

こうした観点から昨日の僕の行動を鑑みると
僕は明らかな末期患者でした。
仕事には早番とか遅番とかいう、まぁ野球で言えば先発と抑えですね
そういうシフトがあるんですけれども、休憩時間分散等の事情により
定時に帰れないという事態がよく起きます。

普段ならば
今日『は』ヒマだから残ってやるか・・・
というアルティメイトアトミックギガサイクロン温厚な僕も
時として仕事が終わった後に予定を抱えることがあります
それがクイズであったり野球観戦であったりは
職場のクソッタレには通告する義務はないんですが
あらかじめ朝来たときに言っておくわけですよ

「僕は今日とても帰りたがっていらっしゃいます。」ってね

で、なんとなくオチが読めてきたとは思いますが
案の定様々なマックスファクターが絡み合って・・・帰れない。
すると誰よりも純粋で繊細な心を持った僕(大型自動二輪免許所持)
がレッドゾーンを超えて吹けあがるんですよ。

目には怒りを煌々と湛え、口から迸る罵詈雑言
荒っぽい動き、真っ青な顔色、ホットな脳みそ
早くにアイツをICUにブチこめ!ってぐらいの末期患者です。

そんな患者に新薬投与か知りませんけど、クソッタレた客が来て
面倒くさいことを言いつけるもんだから、もう限界。
たぶんあの客は二度と来ないかもしれないし、クレームに
なるかもしれない。

<妄想>

クレーマー 『あの餓鬼を出せ!この場で手をついて謝らせろ!!』

偉い人   『申し訳ございません!申し訳ございません!』

僕     「俺はもう謝らない。なぜなら申し訳なくないからだ。」

偉い人   『何を言ってるんだ!いいから早く謝れ!この人に
       あやまれ!』

僕     「話にならん。俺の頭は重いんだ。一度下げたら
      二度は上がらん。そんな面倒なことをさせるだけの価値が
      コイツにあるとでも言うのか?」

クレーマー 『話にならんのは貴様だッ!!もっと偉いやつを呼べ
       この店で一番偉いやつを呼べェェェェェェッ!!!』

偉い人   『ハッ!少々おまち・・・うわぁ何をする!!』

頭を米搗きバッタのように下げる上司を蹴り飛ばし、徐に立ち上がり
僕はこう言った。

僕     「何か勘違いしているようだから言っておいてやる
       この店で一番偉いのは俺だし、そしてこの世で一番
       偉いのも俺だ。俺よりも上の者などはいない。
       その俺が決定する。貴様は死刑だ!」

クレーマー 『言ったなああああ人間ごときがあああああああ
       KYGYAAAAAAA!!!』

クレーマーは人間の姿から奇妙なエイリアンのようでいて
それでいて爬虫類の様な姿に変身していき、あっけに取られている
偉い人を触手のようなもので串刺しにして殺害する!

僕    「せっかちだな。気が合いそうだ・・・」

クレーマー 『AGYAAA!!!BAKUUUU!!!』

僕    「変身!!!」


で、この後プリキュアに変身した僕が怪物をギッタギタにして
建物とか全部ぶっ壊して、その辺一体に核爆発を引き起こして
人類補完計画が始まって、ロンギヌスの槍がギャー
量産型がピーピーやってきてギャー!ってなって
アニメ化されて、主題化が土屋アンナになって
同人誌がコミケで発売されて、アニメイトで平積みですよ。


<妄想終了>

と、瞬間的にこれだけの妄想をするぐらい
頭にキちゃったわけで・・・後から思えば反省かな、とは思いますが
それでも自分が残業させられてるのに、他の人がほんわか雑談とか
仕事してるフリとかしてるのを見ると、もうダメなんですよ。
怒りすぎて頭が痛くなる。実際問題、昨日はそれで吐いた。

溜め込みすぎはよくないけれども、
あれだけやられちゃ堪らない
たまの休みもひきこもり
熱くなっちまったアタマを冷やすのは
生ぬるい雨と、やりあきたゲームと、吐き散らすブログとは・・・
金も堪らず、精神は磨り減っていくばかり・・・

そんなこんなで僕の痔が再発しました。
今から薬局にプリザエースを買いに行って来ます・・・
なんと情けなきかな、我が人生・・・


追伸:中田ヒデが引退を表明したらしい。
   花道があるうちに去るのは、いいことだと思う。
   
追伸2:HEROは見なかった。特に理由はない。

追伸3:ストレス解消のつもりでひとりでダーツをしにいったら
    全然狙えずに逆にストレスがたまった。

あなただけ見つめてる
おはようございます。
現時点最強のマスクドライダーシステム<カダック>が登場し
盛り上がりも最高潮を迎えた仮面ライダーカブト
今までで今回が一番面白いと僕は思いましたが、皆さんはどうですか?

絶体絶命からの逆転。
コレは少年ならば誰しもが憧れるシチュエーションであります。

○最強のフリーザに親友クリリンさえも殺される→超サイヤ人

○スタミナ切れの三井→静かにしろ。何度でもこの音が・・・

○ロードローラーだッ!!→テメーは俺を怒らせた

○男爵ディーノ→今度はタネも仕掛けもありません。

少年誌のヒーロー達はいつもそうやって窮地を超えてきました。
現実世界でも稀に起きるこうした奇跡を期待しつつ
そして起きない奇跡に絶望する・・・
だからこそ、逆転の輝きが一層増す。こういう寸法であります。

僕も今、かなりの逆境に苛まれております。
タバコ税の増加!進路の不透明!部屋の汚さ!モテないッ!!
しかし、この程度の逆境などは序章にしか過ぎません。
凄まじすぎる逆境こそが、感動的な逆転を演出するのです。

昨日、橋本龍太朗元首相が亡くなったようですが
これも演出です。
橋本元首相は、ポスト小泉を決定する総裁選の際には
謎の男<ドラゴンアンダーテイカー>として着実に票を伸ばし
最終的には安倍シンゾーを逆転し、その正体
橋本盧山昇龍太朗首相として小宇宙帝国日本を軍事国家として
導いていくに間違いありません。

Wカップも更なる盛り上がりの為には敗退したチームから
リビングデッドとして死者を召還し
デビルリバースベッカムやフェルナンドブラックトーレス
デスペナルティクレスポ、中田バイオハザードヒデトシ等を中心とした
悪夢チームを倒さなければ真の勝者にはなれないのだッ!!
とかにすれば更なる盛り上がりは間違いないね。

そうこの世は逆境に満ちています
乗れると思っていた電車に乗れず、遅刻の陰がチラつくのも逆境。
ビールの飲みすぎで、だいぶお腹の調子がアレなのも逆境。
携帯電話の着信履歴がないのも逆境。
露出度の高い女を連れたブサイクが女の背中をさすってるのも
勿論逆境です。

どれも、これも全て・・・全てッ!
障壁というの名の逆境です。
全ては乗り越えられるために存在する路傍の石です。
電車なんぞは走ったほうが速いし、下痢なんぞは出せば完治
携帯電話は地面に叩き落し、クソカップルは片っ端からエルボー
それでいいのです。

盛り上がってきたところで、そろそろ仕事に行きます。
それでは失礼させていただきます。

追伸:大黒マキを聴いている。
   永遠の夢に向かって~あなただけ見つめてる
   あたりの大黒は神がついてるとしか思えない。
   アニメ効果もあると思うけど・・・

メッシッシ
昨夜未明の大一番、ドイツvsアルゼンチンは
PK戦の末ドイツが辛勝したようです。
僕としてはアルゼンチンの優勝を予想していたため
この結果は非常にビックリであります。

まぁここだけの話PK戦は引き分けみたいなものなので
勝ちきれなかったアルゼンチンには残念だけれども
運がなかった、それだけのことなのかもしれません。

話は変わってお仕事の話題を少し
今日の試合もそうですが、今日の僕の仕事も軽く大一番であります。
所謂セールの初日ってやつで、安いという価値観だけで暴走する
クレイジーな野朗どもの相手をさせられることになります。
些細なことで文句を寝ゲロのように垂らすクソッタレども
偉い人はニヤニヤしながらフラフラするだけ

こういう悪いリズムが続くと・・・
俗に言うキレる状態に突入するわけですな。
去年の今頃は、夏休みを奪い取られ激怒の渦に巻き込まれ
鉄で出来た階段の扉を思いっきり蹴り飛ばしておりましたが
今年もそんな風になっちゃうのかしら・・・

そこへ行くとガソリンスタンドの頃はよかったのかもしれません
不愉快な客はゴマンと来ますけれども、疲れもシンプルですし
何よりたまに来るスーパーカーやスーパーバイクに
心躍らせることができましたし。
みんな何してるかなぁ・・・知人は離婚調停をこじらせて
愛娘を奥さんに持って行かれて、落胆していたけれども
今は元気にしてくれているといいなぁ・・・

人の縁は切りきれぬ糸
意図せずしても、手繰り寄せればめぐり合い
無理に手繰り寄せれば、互いの縁すら切り離す
切れた縁はつながることもあれば、着火して爆裂することもある

先日、見知らぬ人から
『XXって知ってますか?私は彼と友達なんですよ。』
と言われた。
「だから、どうした。」的な感想を抱きまくったけれども
言われた瞬間ゾッとした。
社会は狭い。そう実感した瞬間だった。
でも見知らぬ人が、知ってる人の知り合いだとわかったからといって
旧知の仲になる筈もない。
今日もよそよそしい挨拶かため息を投げかければいいんだ。
結局それでいいんだ。

今日、僕は頑張ります
例え正気を失うような怒りに襲われてもガマンします
例え殴られても殴り返しません
明日、仮面ライダーがある
それだけで僕は充分です。

幼いと言いたい人は言って下さい。
それでも今は、仮面ライダーとプリキュアが大事なのです。
それではこの辺で失礼させて頂きます。

追伸:家の前にガラの悪い車が停まっていて
   「怖いなぁ・・・」と思っていたら、妹の彼氏だった。
   帰り道歩き食べしてたじゃがりこを1本落としたので
   是非とも弁償して欲しい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。