で、その問題は数学的に証明できるんですか?



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



プロフィール

実際問題ver.3

Author:実際問題ver.3
彼女いない歴=破滅の次元軸ドライバー
都内にて細々とアルバイトしている2Ⅳ才
クイズマジックアカデミーが大好き。
現在魔導士
ダーツ修行中
カードネーム『沢尻エリカ』
現在Cフライト
皆藤愛子さんが死んだら
自動的に僕も死ぬ
リンクしてくれる人募集中
議題、テーマも超募集中



チャット殺シアム



飼育場



宙は血に染まっているか


-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



星の鼓動数



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フレックスタイムはじめました
おはようございますご主人様方
早朝に昨日の話をするのもアレですが
昨日、僕は遅番ってヤツでして10時ごろの出発で
11時ごろの到着を目標にしてたんです。

老人だらけのバスを降りてJRの駅に着きますと
『人身事故発生の為、上下線伴に運行を見合わせてまぁす。』
と駅員があわただしくアナウンスしてた。
それを聞いて僕は一瞬で3つの選択肢が浮かんだ。

①タクシーで違う駅まで行き、別の交通手段で
 なんとしてでも遅刻することなく到着する。

②駅のホームで途方に暮れて待つ。
 職場には一応連絡を入れる。

③近くのゲーセンへ行き、心行くまでQMAをやる。
 無論職場には連絡を入れ、さも当然のように遅刻をする。

常識的な社会人や大人ならば①以外の選択肢はないだろう。
しかし、今の僕は全くの逆だ。
①という選択肢は真っ先に消去された。
あんな奴等の為に身銭を切って定刻に着いたところで
労いの言葉も無ければ、感謝の気持ちもないし
なによりもあのくそったれの顔が、極めて嫌いだ。

すると②か③ということになる。
ここで重要なのは②はあくまで仕事を主眼とした行動であり
アルバイトという立場からすれば、ギリギリで妥当なもの。
そして僕の置かれた土地環境を加味すると
むしろ同情的な意見も集まるであろう選択肢だった。

だが、僕は③を選んだ。
はっきりいって①も②も3秒以内に切り捨てた。
躊躇いはない。
仕事に対する鬱積した気持ちや、キチガイじみた気温により
僕の足はレールに乗ったトロッコのようにゲーセンに向かった。

朝のゲーセンはマジで快適だ。
若干ポップンミュージックを朝練するマニアはいたが
それ以外は閑居で、デモ画面の声以外は聞こえない
まるでそこが僕だけの遊び場になった感覚すら覚える空間。

5台あるQMAの中から中央の席にふんずわり
お飲み物であるコーヒーの感をカチャリと開けて
暖かい一口目を味わいながらコインを投入。
じっくりとクイズを楽しんだ。

だいたい1時間ぐらいプレイをし、そろそろ行ってやるか
と駅へと向かう。勿論走ることはなく、ゆっくりと。
運転再開直後の喧騒も無く、普段どおりの電車が来る。
ここでもゆとりを持って1台やり過ごし、確実にお気に入りの場所
(窓際の隅っこに寄りかかり外を見れるスペース)を狙える
ようにしてみた。
曇り空の東京タワーもなかなか乙なものだね。

職場までの道のり、全てをゆとりを持って行動し
入り口に立ってる警備員のおっさんに
「おはよう!」と言ったら、『ウッス!』と返してくれた。
ようやくわかってきてくれたようだ。

残念な職場に着き、悪態を垂れながら遅刻の理由を説明しようと
思っていたら、ミラクルクソババァから小言が始まった。
マジで五月蝿い野朗だ。
5より先の数は数えられそうに無いIQのくせに
この僕に説教を垂れるとは恐れ多い。
不愉快だったので無視した。

職場はちょっとした混乱をきたしており
僕の到着を待ち望んでいたような雰囲気であったが
僕の睨みでは、そんな混乱などは20秒以内に解決できる範囲であり
そんなことで騒ぎ立てるこいつらに、未来なんてないんだなと
改めて確信した。

仕事中、あのゲーセンのことを考えていたら
高校時代もあんなことをしていたな・・・とフラッシュバックした。
たしかあの当時はバーチャストライカーを延々とやってて
4時間目ぐらいから何食わぬ顔をして出席したりしたな・・・
そうか、あの頃の僕が帰ってきたのか。

精神的成長が一番必要とされているこの20代に
ハイティーンぐらいの精神年齢に逆行している。
でも、もう別にいいよ何でも。
どうせ俺なんて、どうせ俺なんて・・・

今日もこれから仕事に行くわけだけれども
正直、また昨日みたいなことが起きればイイナと願っている
今日電車が気持ちよく止まったのならば
柄にも無くスターバックスとかのコーヒーを買って
広い公園で朝の空を眺めながら飲もうと思っている。

ろくでもない野朗どもの顔を忘れ、朝の1服を楽しむ
『そんなことは休みの日にやれ』という雑音なんて関係ない。
困りあぐねる奴等と、素敵な時間を過ごしている僕とが
同一時間帯に存在することが重要なのだ。
もう仕事なんていう意識はない
ただ不快な時間をやり過ごすだけの作業でしかないあの場所に
責任感も正義感も、感じてやる必要なんてねえんだぜ。

無責任な話になりましたが、この辺で失礼します
それでは皆様くるくるシャッフル

追伸:昨日、くそったれが露骨な残業代稼ぎをしていた。
   デキの悪い能面のような顔を歪めながら
   同じくくそったれた友達と営業時間中に談笑してた。
   その時間にも給料が発生してるのかと思ったら。
   何もかもが嫌になった。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。