で、その問題は数学的に証明できるんですか?



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



プロフィール

実際問題ver.3

Author:実際問題ver.3
彼女いない歴=破滅の次元軸ドライバー
都内にて細々とアルバイトしている2Ⅳ才
クイズマジックアカデミーが大好き。
現在魔導士
ダーツ修行中
カードネーム『沢尻エリカ』
現在Cフライト
皆藤愛子さんが死んだら
自動的に僕も死ぬ
リンクしてくれる人募集中
議題、テーマも超募集中



チャット殺シアム



飼育場



宙は血に染まっているか


-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



星の鼓動数



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


針と棘でできたドレス
おはようございますご主人様方
昨日は狂信的な日ハムファンの知人が
小笠原道大内野手のFA巨人移籍に対して大幅にやさぐれ
アルコール以外の解決策を見出せない
とか抜かしだしたので、仕方なく付き合ってやりました。

小笠原に対する未練はほぼ無視しましたが
その知人がいとこの結婚式に出席した、という話は
比較的面白かったので軽く紹介したいと思います。

知人(以下G)はいとこの結婚式に招待された
しかしその日はアジアシリーズの決勝戦であり
日ハム小笠原最後の試合になるかもしれない試合
そしてプレーオフ、日本シリーズと優勝を札幌で決めた同チームの
胴上げを東京で見れる貴重な機会であり
Gは非常に楽しみにしていた。

Gのいとこは食料品の輸入代行のような仕事をしており
その関係でオシャレなフランス料理店でのレストランウエディング
という形式になったそうな
Gはまずそのレストランのしゃらくささに1激怒。
そして友人としてスピーチにあがったシェフの挨拶が
フランス語でスタートしたことに2激怒
そして新婦の友人代表で歌を歌った女が、自分の歌に感極まり
泣き出したことに3激怒(うたはキロロの『長い間)』

非常に堪忍袋の緒を刺激する内容だったらしいのだが
一番重要なのは、すべてのスケジュールが押しで進んだ事であり
Gの予定ではギリギリ間に合う予定だった東京ドームでの試合に
間に合う事が出来ず、胴上げを見ることも出来ず
あらかじめ東急ハンズで用意しておいた紙テープ8本も
ただの紙屑と化した。

Gはがらりとした東京ドームの傍にいたユニフォーム姿の人と

「胴上げとかもうおわったんスか?」

『あ?うん。』

「試合おわんの早いっすね」

『あ?そうでもないよ』

という素晴らしい会話をしたそうな

結果、知人Gは結婚式というもの事態に尋常ならざる恨みを抱き
金輪際そんなものには出席したくないし
どうしても呼ばれる事になってしまったら・・・潰すッ!!
と堅い堅い決意をしておりました。

もし僕がその知人が結婚するような事態になり
式に呼ばれたら
ゴスロリを着てギターとチェンソーを振り回しながら
「貴様等ッ!!!!・・・おめでとうございます。」
と言いに行こう、と思いました。

結婚ね・・・まぁ僕は無理だね。
ていうか、最近の町は異常。
そこらじゅうでベロチューしてんもんカップルが。
なんかの撮影かと思っちゃうぜ実際問題
もてない男が冬の寒空のした腕組みして突っ立ってたらさ
目の前でチューを始めるワケさ
もう狂気としか言いようが無い。

街には狂気が満ちている。
3軒目ぐらいに入った居酒屋では
好意的判断の余地が全く無い顔の女の人が
自信の仕事論や恋愛論を、壮大なデジベル(騒音指数)で
長時間にわたり展開していた。
その壮大さに僕は非常に眠くなった為、文句を言い続ける
知人を置き去りにして眠ってしまった。
で、起きたらまだ演説が続いていた。

おばあちゃんが言っていた。
 『ブスほど語る。』
          ってな。

と天道語録を引用したくなるぐらいに
痛々しい光景だった。
この世にあれほどの残酷さを含有したものがあるだろうか
いや、ないね。
あれほど自分の無力さを曝け出す行為は無いと断言できる。

どうかご主人様方も年末の酒の席での演説にはご注意を・・・
壁に耳アリ障子に目アリ、隣の席には奴がいる
どこで誰が聞いているかわかりません。
後日赤面してしまうような大規模な演説は
タイミングと場所を考えてヤらないと、大惨事になります。

それにしても今日は寒いなぁ
もう家で半袖着るのヤめようかな・・・


追伸:ストリートライブをしていた男性に握手を求められたが
   拒否した。
   オナニーはひとりでして欲しいものだ。

追伸2:100回を超えたのでまたミーティングやってみたい。
    前回は入れ違いになったけれども
    読んでくれている方に直接お礼を述べる機会を
    死ぬ前にやってみたい


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。