で、その問題は数学的に証明できるんですか?



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



プロフィール

実際問題ver.3

Author:実際問題ver.3
彼女いない歴=破滅の次元軸ドライバー
都内にて細々とアルバイトしている2Ⅳ才
クイズマジックアカデミーが大好き。
現在魔導士
ダーツ修行中
カードネーム『沢尻エリカ』
現在Cフライト
皆藤愛子さんが死んだら
自動的に僕も死ぬ
リンクしてくれる人募集中
議題、テーマも超募集中



チャット殺シアム



飼育場



宙は血に染まっているか


-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



星の鼓動数



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


実際問題vs水族館
おはようございますご主人様方
突然ですが昨日、水族館へ行ってきました。
かねてから行きたい、と思っていたのが半分
そしてもう半分はいつも通りの、イキアタリバッタリです。
今日はちょいとそのお話をさせて頂きますので
おつきあいいただければ幸いでございます

昨日行ったのは品川マリンスタジアムとかいう
比較的新しい水族館。
場所は、まぁネットで調べりゃ一発なんですが
品川プリンスホテルのそばにありまして
駅からは近くも無く遠くも無く
昨日の雨を考慮すればやや遠い、といったところでしょうか

中に入ると視界に入るのは完全に停止したメリーゴーランド
イルカやラッコを模した乗り物が
誰にも乗られることも無く、無機質に止まっているその様に
一抹の不安を覚えました。
そんなものに乗るつもりは毛頭無い僕は
落ち着いてチケットを購入。
ニコニコしてる姉ちゃんからパンフレットを貰い
館内に突入。

最初に目に入ったのはサメとエイのゾーン


20070525145450.jpg


画像は高速で移動するエイをとらえたものですが
いかんせん僕のカメラケータイカメラ
奴等のスピードには追いつけず、お話にならない画像です。
他にも超巨大なソードフィッシュやサメがうようよ・・・
この水槽はトンネル状になっていて
魚の腹部分などのグロ画像がいろんな角度から楽しめます。

次の水槽へ移動しようとしていると
『今からイルカショーあるから来いよバカども』
というアナウンスがあったのでイルカプールへ急行
大きなプールはちょうど野球場のような形になっており
全部で10頭前後のイルカどもが
ハイジャンプやスピンジャンプ、ユニゾン泳ぎなど
難度の高い技を披露してました。

ありきたりな感想ですが
トレーナーの手の動きにあわせて技に入る奴等の
頭脳レベルの高さには本当に驚かされました。
噂によると、イルカはメスを囲んで輪姦したり
するファンキーな奴等らしいですが
やっぱり水族館のイルカは愛らしくて賢い
アイドルなんだな、ってそう思いました。

イルカショーの後は、ペンギンの餌付け
それからアシカショーなどの見世物を水族館の指示通り鑑賞
ペンギンは・・・なんかカッコよかったですよ
泳ぐ姿とか弾丸みたいで。
あのエヴァンゲリオンのペンペンみたいのもいたし
飼育係のお姉さんに腹をギュッ!ってされて
ジタバタしてたのがとても好印象。
ちなみにペットとしても人気があるらしく
お値段は130万円ぐらいだとか・・・

後はアシカね
あいつらはデカイね。
これはあくまで僕の推測だけれども
あの手っていうかヒレのフルスイングを喰らったら死ぬ。
僕が見たアシカはあのヒレで片手倒立をしていた。
そしてあの泳ぐスピード・・・
人間なんて一撃で死ぬね。

見世物系をコンプリートし、再び水槽系へ
こんなキモイイソギンチャクとか

20070525155604.jpg


ウミキノコみたいなの


20070525145005.jpg


がいっぱいいた。
以前、『ディープブルー』っていう深海魚の映画を観まして
その時も軽くお話したかとも思うんですけど
誰も見てないのになんであんなにカラフルなんですかね
なんともいえない青い魚とか、真っ赤な魚もいるし・・・
これはやっぱり神がいるとしか思えないね。

まぁこの辺は目の保養といいますか
ご家庭でも頑張れば飼える範囲なので
興味のある方は飼育してみては如何でしょうか・・・
僕は小学校の時に金魚を水道に流してしまう失態を犯し
飼育係から懲戒免職をされ、掲示係になったので
もう生き物を飼う事はできませんが
ああいう魚、家にあったらいいなってちょっと思うね。

さて、そろそろ本題に入りましょうか
まずはこの画像を見ていただきたいんですが

20070525151945.jpg


まぁカニですよね。
僕はね、このカニですとかエビがね怖くて仕方がないんですよ。
クモとかサソリは大丈夫なんですが
この水辺にいる甲虫みたいなこいつらが
もう本当に怖くて怖くて・・・
このカニの裏側っていうんですかね
足が生えてる様子から動き、もう全部嫌い。

幼い時・・・そうねもう20年近く前に
サンシャイン水族館に行った時
当時の僕と同じぐらいのタカアシガニをみましてね
それ以来、酷いトラウマを抱えてるんです。
だから『カニ道楽』の看板も怖いし
厳密に言えばエビフライの尻尾部分も恐ろしいのです。

まぁ、デザイン的にはスゴいと思いますよ
もうね往年のゲームファンならわかっていただけると思うんですが
完全にダライアスの世界ですよ
コナミのエイリアン系の敵も充分怖いんですが
生理的に恐ろしいのはタイトー、ダライアス。
これが僕の持論です。

そんなこんなで水族館は終了。
入るときは止まっていたメリーゴーランドには
餓鬼どもが乗っていて少し賑やかになってましたとさ

全体的な感想としては
また、いつもの好奇心の重要性ってところですかね
実際見てみないとわかんないことを
見た気になってわかったつもりでいるのはヤバいんですよ。

あの岸部露伴だってクモを舐めてたし
・・・もう何が言いたいのかわかんなくなってきましたけど
なんとなく楽しかったです。
次は動物園に行って、キリンの生態を調査してきますので
皆様もゾッとするような体験を積み重ね
日々の生活に生かしてみて下さい。

それでは今日はこの辺りで失礼いたします。
画像を多用した長文
最後まで読んで下さった方に
丁重にお礼申し上げます。アリガトウゴザイマシタ
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

怪生物に関するWEB情報を集めました

深海魚から未確認生物(UMA)、不思議生物の情報をwebから集めてみました。 深海魚からUMAまで、不思議生物WEB情報ガイド【2007/05/26 17:41】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。