で、その問題は数学的に証明できるんですか?



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



プロフィール

実際問題ver.3

Author:実際問題ver.3
彼女いない歴=破滅の次元軸ドライバー
都内にて細々とアルバイトしている2Ⅳ才
クイズマジックアカデミーが大好き。
現在魔導士
ダーツ修行中
カードネーム『沢尻エリカ』
現在Cフライト
皆藤愛子さんが死んだら
自動的に僕も死ぬ
リンクしてくれる人募集中
議題、テーマも超募集中



チャット殺シアム



飼育場



宙は血に染まっているか


-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



星の鼓動数



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


24回目の夏に10歳の己を思ふ。されど躊躇いは無し。
夜の公園というものはなかなかいい。
昼間、餓鬼どもが散らかした砂場のおもちゃだとか
我が物顔で歩き回る野良猫たちの少し寂しい感じの静けさが
非常にいい。

僕はそんなにアクティブな人間ではないけれど
夏の夜にある何かにはやっぱりワクワクします。
昔、親父に強烈に折檻されて嗚咽しながら裸足で飛び出したのも
こんな夏の夜だった気がします。

小学校4年ぐらいだったか、僕は中学受験対策の塾に入れられて
クソの役にもたたねぇお勉強とテストの連続と
大好きだったスーパーファミコンの没収などにより
だいぶ不安定な精神だったんですよね。

そんな中で、確かテストの点が悪かったのか
テストそのものをバックれたのかなんだか忘れてしまったけれど
親父にボッコボコにされた挙句に、算数のドリルか何かが終るまで
寝るな、とか言われた瞬間にもうプッツン。
『出て行く!お前等サイアクだ!!』とか言いながら
玄関においてあった親父の革靴とママスのハイヒールを蹴り飛ばし
裸足で飛び出すわけですよ。

当時の僕の脳内としては、身内で唯一好きだった(今も好き)
おばあちゃんの家まで歩いて行ってやろうと思い
あやふやな記憶を頼りに裸足でアスファルトを踏みしめました。

時間としては丁度今時分の9時とか10時、
食べ盛りの僕としてはお腹も空くし喉もカラカラ
小汚ねぇTシャツは汗で瞬く間に色が変わり
餓鬼の足じゃ到底たどり着くことのないおばあちゃんの家へ向け
自販機のつり銭のトコに手を突っ込みながら歩き続けました。

2時間ぐらい歩くと小学生的にはもう限界。
今にして思えばそう遠くない公園で活動停止してしまい
ベンチに腰掛け呆然と時計を見て、いいようのない孤独感と
「俺は負けない。戻らない。」とかいう根拠不明の勇者的心境で
また目に涙を浮かべながら周りを見渡す。

猫の糞だらけだと思われる砂場に、ゴミ箱からかっぱらってきた
空き缶で城を造り、そこにどっかの餓鬼が忘れたであろうボールを
投げる遊びにも飽きた。
夏のくせにやけに冷たいブランコの鎖も怖い。
そんなこんなで公園を後にしようとした時に、見覚えのある車が・・・

餓鬼の脳みそなんてスーファミのRPGを解くとき以外は犬以下です。
所詮は小4。車でおばあちゃんの家に行くルートを辿ったに過ぎず
そういう状況に追い込まれたら僕は間違いなくおばあちゃんに縋る、
という事を推理したママスにより御用。
あえなく車に詰め込まれ家に強制連行されました。

激しく気まずい空気の中、ママスは無言で僕をファミレスに連れて行き
好きなものを食べるように言いました。
ドリアとクリームソーダをぶっきらぼうに注文し、無言で食べ続け
ママスは黙ってアイスコーヒーを飲んでいました。

一通りの食事を終えファミレスを後にする。
車に乗せられ家路に帰る。
僕が足の裏を真っ黒にして歩いてきた道のりが一瞬で通り過ぎる
僕の2時間に及ぶ小さな反抗は、まだ新車の臭いが残るマークⅡで
ゴミクズみたいに無に帰されていく。
そんな風景をアホみたいに眺めていたら、運転中のママスが言った。

『よく道、覚えていたわね。』

「・・・ん。」

『結構探したのよ。』

「・・・ん。」

『帰ったらお風呂入って寝なさい。
 お父さんにはお母さんから言っておくから。』

「・・・んん(号泣)。」



と、まぁこんな感じのノスタルジアもありまして
僕は夏の夜が結構好きなんですね。
勿論、お祭りだとか花火だとかそういうアクティブな要素のモノも
楽しいでしょうけど、それだけじゃなくって
下らないかもしれないけれど各々が持つ夏の情景みたいなのが
毎年来る夏をより味わい深いものにしてんのかな
なんてことを思ったりもします。

ちなみにママスが僕を迎えに来た時の車は
今もまだ駐車場で小汚く存在しています。
免許が欲しい妹なんかは
『あんなのに乗るぐらいなら、アタシはクレーン者に乗るよ。』
などと免許が取り立ての僕のようなことを言っております。
妹はアルファロメオが欲しいみたいです。

さっき公園を徘徊した時、僕は普通にダイエットコーラを買ったし
その気になればファミレスでドリアぐらいは食えたでしょう
あの頃の僕が今の僕を見れば、間違いなく塾に行くのを辞めたでしょう
でも最近は全部ひっくるめて現在も過去も許せるようになりました。

まぁムカついたら出て行くとか辞めるとか
手近なモノを蹴り飛ばすとか・・・
なんか成長の欠片もないトコとか、ヤになっちゃいますけど
今年で24回目の夏を迎えることになりました。
少し遅れちゃったし伝わることが無いと思うけれども
ママスに言いたい事があります。

あの時はありがとうございました。
ドリアご馳走様でした。
今月お払いする予定の5万、非常に厳しいです
まじで勘弁して下さい。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。