で、その問題は数学的に証明できるんですか?



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



プロフィール

実際問題ver.3

Author:実際問題ver.3
彼女いない歴=破滅の次元軸ドライバー
都内にて細々とアルバイトしている2Ⅳ才
クイズマジックアカデミーが大好き。
現在魔導士
ダーツ修行中
カードネーム『沢尻エリカ』
現在Cフライト
皆藤愛子さんが死んだら
自動的に僕も死ぬ
リンクしてくれる人募集中
議題、テーマも超募集中



チャット殺シアム



飼育場



宙は血に染まっているか


-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



星の鼓動数



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おまえの将来の方がこええよ
山羊座・・・1位☆片思いの人との距離が急接近
      ラッキーアイテムは日焼け止め

おはようございます。
このような占いの内容にもかかわらず、1位という結果に
喜びを隠し切れない朝であります。
我等が守護聖人である愛ちゃんは九州でわけのわからん体操をしてるし
もう僕もめざまし体操キャラバンに強行参加したい気分です。

僕もバイクさえあれば本州の端っこぐらいまで突っ走る覚悟は
あるんですが、残念ながら僕に残されているのは
この2本のあんよだけなので、靴ズレの痛みを堪えながら
散歩するだけに留まりそうです。

ていうか最近外国人の旅行客が目立ちます
欧米だけじゃなくて、アジア圏からの人たちも多くて
英語でまくし立てられると「・・・」ってなるんですけど
中国語とかそういう聞いても意味プーな言葉でギャースカされると
「るせーバーロー」とか言いたくなるから僕は右翼です。

あと凄まじくどうでもいい話なんですけど
最近、早番で職場に行く途中必ず目撃する女性がいて
黒い日傘に黒い手袋をした、まるで葬式帰りみたいな人なんですが
これ以上ないぐらい冷たい目をしていて、肩を全く動かさずに歩く
不思議な女なんですけど・・・コレってやっぱりアレですかね。

最近見ないと思ってたらまたキちゃったか・・・
最期に見たのは中3ぐらいの頃だったかなぁ
当時ストイックランニングを日課にしてた僕が、いつもの様に
汗みどろになってランニングを終え、公園の水を頭からかぶり
フラフラしながら家に帰ろうとしていると
砂利の敷き詰められた駐車場の隅っこになんかいるんですよ。

遠目で見たところによると、どうやら若い女みたいでした。
黄色いワンピースを着て頭はショートカット。
なんかその場にうずくまってゴソゴソしていました。
だんだん近づいていくと、その人が普通の人じゃないことがわかる。
なんか両手が肘のあたりまで真っ赤なんですよ。

「あぁ、殺しちゃったのかしら。」
その程度に考えた僕は、足早にその場を立ち去ることにし
足音を立てずにそれでいて早足に夜道を急ぎます。
怖いな・・・怖いな・・・と思いながら後ろを振り返ると
遠くのほうにいるんですよ、アレが。

さらに足早に歩いても、一定の距離を保ち後方にいらっしゃる。
かいていた汗もピタリと止み、こいつはやべぇともうダッシュ。
自慢じゃないですけど僕は比較的足の速いほうでして
何か特殊な競技をやっていた人間以外、ましてやワンピースなんぞを
着ている姉ちゃんに遅れを取るようなことはまずありえない。

そんな僕が渾身の猛ダッシュですよ。
もうねちょっとした原付なら追い越してたと思いますよ
で、200メートルぐらい疾走してスピードを緩め
十字路に差し掛かると、横から変なのが見えるんですね。

あの女なんですよ。

今、思い出しても不思議なんですが
結構な距離まで接近されたにも関わらず、そいつの顔が全く印象にない
目があって鼻があって口がある。そんな印象すらない
ただ人間の形をした何かを見たってだけ。

そっからはもうよく覚えてません
もつれる足と舌で交番に駆け込み「ふ、ふ、不審者であります!」
とか言ったのは覚えてる。
おまわりさんからしたら『不審者?おまえがな』って感じだけど
あの時は本当に怖かった。もう終わりだと思った。

で、その1件以来僕は霊的存在を信じるようになり
オカルティックなものを読み漁ったり、占いをやってみたりする
暗黒少年へと転生するんですけども
あれ以来リアルオカルト体験ってのはないんですね。
でも霊の存在を軽視するような人にはこの話をするんですけど
あんまり真面目には聞いてもらえません。

つうかこの話も前に一回したことがあるかもしれませんが
恒例行事、稲川順二の怖い話の内容が同じな気がしたり
コウダクミの海の家がある場所は一昨年に浜崎あゆみが海の家を
やっていた場所と同じな気がしたりするのと一緒
誰も覚えてないということは、バレてないってことなんだぜ
ってことですよ。

後味の悪い話で恐縮ですが今日はこの変で失礼します
では皆様、ゴキげんよう

追伸:怖い話をどうしても読みたいのなら
   ココ
   とかに逝ってみて下さい。
   寝れなくなったとかそういった寝言の類は一切受け付けません
   けど・・・
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。