で、その問題は数学的に証明できるんですか?



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



プロフィール

実際問題ver.3

Author:実際問題ver.3
彼女いない歴=破滅の次元軸ドライバー
都内にて細々とアルバイトしている2Ⅳ才
クイズマジックアカデミーが大好き。
現在魔導士
ダーツ修行中
カードネーム『沢尻エリカ』
現在Cフライト
皆藤愛子さんが死んだら
自動的に僕も死ぬ
リンクしてくれる人募集中
議題、テーマも超募集中



チャット殺シアム



飼育場



宙は血に染まっているか


-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



星の鼓動数



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


実際問題vs新交通ゆりかもめ
昨日、お台場に行ってきました。
仮面ライダーとかマイメロとか見たら、なんだか気が狂うぐらい暇で
このままどこかに出かけないままに今日を終えたら
僕は死んでしまうんじゃないか、的な強迫観念に襲われ
とぼとぼと出かけることにしました。

何度も書いている話で恐縮ですが
バイクがあった頃はお台場なんかしょっちゅう行ってたんですよ。
それこそ、夜ガバッって起きて
「ああタバコ吸いてぇな。」でお台場に行っちゃうんですから。
海底トンネルをぶっ飛ばして、羽田空港を通り抜けて
海浜公園でバイクを止めて静かな海を目の前に一服。
思えばあの頃ほどに充足した時間なんて、なかったね。

そんな理由もありまして、僕はゆりかもめに乗ったことがないんです。
乗る必要もなかったわけなんですが、とにかく初体験。
新橋駅から乗れるアレ、日曜という事もあり混雑を覚悟したものの
意外なほどに空いていました。
こっから先はちょいとゆりかもめレビューをしたいと思うので
ネタバレが嫌な方は今すぐにページを閉じることをオススメします。



新交通という近未来性を前面に押し出した交通機関、ゆりかもめ
なんと運転手はおらず脅威の自動操縦システムを完備する
臨海副都心を光の速さで駆け抜ける銀色の弾丸だ。
特筆すべきは、その走り出しの早さ。
トップスピードまでの到達時間がハンパじゃない。
これはやはりリニアモーターだからなのだろう。

テクノロジーの先端を予感させる外観や駅構内とは反対に
車内には幻滅だ。

狭い。

これにつきる
しかも恐ろしいことにゆりかもめは、対面座位シートを採用してる為
込んでくると対面に知らないオッサンが座ってきて
「いやぁいい眺めやわぁ・・・って誰やねんオッサン!?」
となることは確実であり、注意が必要だ。

それから利き過ぎな冷房にも要注意。
この時期に半袖で乗ろうだなんて無茶はよしてくれ
窓?そんなものは空かねぇんだぜ。
ギンギンに冷えた冷房で浮かれた頭をクールダウンだ。

車両の説明はこの辺にしてルートレビューにうつろう。
ゆりかもめは新橋~豊洲間を往復している。
一応、折り返しの乗車は出来ないが豊洲で一度降りて
トイレなどに行ってから別の車両に乗り込めば、何度でも
素敵な眺めが楽しめるぞ。
ていうか僕は昨日2往復してるから、安心して皆さんも往復して欲しい

やはり海はいいよ。
ビーチじゃない工業を予感させる海っていうかさ
昨日、僕は改めて思い知ったんだけれども
どうやら僕は<<埠頭マニア>>らしいんだよね。
埠頭っていうのは、コンテナとかが山積みされてて
無機質なクレーンとか錆だらけの巨大タンカーに
恐怖を感じるほど広大な倉庫とかのアレ

僕はアレにものすごく惹かれます。
本当、気が狂ってると思われるかもしれないけれど
埠頭を見てると涙を流すくらいに感動する。
コンテナとか近くで見るとデッカイじゃないですか
でも海と対比すると小さかったり、
誰もいない埠頭とかマジで無音で、なんとなく海の音が聞こえたり
哀愁感じさせまくりのメタル空間なんですよ。
だからこのゆりかもめ、全国の埠頭マニアの方々には
是非オススメしたい路線ですね。

それから臨海副都心にはまだまだ未開発な場所がいっぱいあるな、
ってそう思いましたね。
『市場前』とか『新豊洲』、『有明テニスの森』なんて駅なんか
正直駅がある意味がわからない。
ただの荒廃した埋立地以外の何者でもないね。
ていうか、あんなところに住んでる奴なんかいんのか?ってぐらい。
まぁこれからガンガン開発が進行して、ビルとかドリルとかレーザーとかが乱立するテクノポリスになっていけば、それでいいよ。

ああ、それから書くのを忘れましたけど
風景を楽しみたいのなら先頭車両1番席に乗ることを勧めます。
普通なら運転席があるであろう場所に座れる
これは永遠の鉄道少年であろう皆様にとって朗報です。
あの場所こそ鉄道少年の野望の究極地。
空いてる車内なら、運転手ごっこもできますぜ。
(僕が乗った時は木村カエラみたいな格好した奴が足を投げ出して
 携帯をバチコンさせながら、音楽を聴いていた。
 こいつはこの眺めよりもケイタイの方が大事なのかと思い
 大いに絶望した。)

それから、ゆりかもめのレールっていうか路線は細いですな。
なんか困ったらレールをアスファルト舗装して
東京湾岸デットヒートレースでもやればいいじゃん、と思ったんですが
これじゃ細すぎてオバーテイクが出来ない。
バイクでもギリギリだし、クラッシュしたら即海ってのがイカス。

でも実現したら絶対面白いだろうな・・・
ちょっとルートを改造して、途中海底トンネルとかに突っ込んで
最後レインボーブリッジを駆け抜けるハイスピードレース。
ブリッジ脇にヘリとかが滞空しててさ、今駅になってるところが
客席になって超満員とかになんのね。
で、ロクに使われてない駅とかも活性化されて・・・
絶対実現するべきだよ!

ああ、それから夜景とかも楽しいんじゃねえの多分
僕っていうか俺はさ夕方とか乗ったからバリバリの西日で
目を突き刺されたわけなんだけど
カップル諸君はホレ、あの何だ・・・
湾岸の湾景っていうかさ、ライトアップっていうのかな
アレを楽しみながらヤっちまいなよ。
たぶんいい眺めなんじゃないの。ロマンティックが止まらない。
まぁそんなことを僕の目の前でやろうものなら
ロマンティックだけじゃなくて、息の根を止めてやるよ。


だいぶ長くなってしまったので
実際問題のお台場冒険編は仕事後にいたしましょう。
それでは皆様、いったん失礼いたします

くるくる・・・シャッフル!!


追伸:電車男のスペシャルを見た。
   伊東美咲って老けたんだね。
   話は茶番だ。
   エルメスなんていないし、掲示板はもっと殺伐としている。
   でもそんなことは、一年前・・・
   いや、もっと昔からわかりきっていたことだ
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
ゆりかもめは凄いですよね。特に列車の来ていないホームに扉だけが存在する様なんてもう・・・。
 私も埠頭とか、ダムだったり橋だったり水際のコンクリートの建造物がどうやら好きなようです。
なんか惹かれるんですよね。
【2006/09/27 00:08】 URL | ジェリドと私 #-[ 編集]

あの扉のシステム、何て言うんだっけか・・・
とにかくアレは惹かれるものがありますね。

ダムも渋いですね。
巨大建造物には恐怖を感じさせつつも
何か㌧でもなく魅力的なものも感じます。
不思議な物です
【2006/09/28 09:52】 URL | 僕Ⅲ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。